« テラリアが面白い | トップページ | テラリアどうでしょう »

2014.05.18

卓上ゲーム三昧

甥っ子たちと一緒に卓上ゲーム三昧。カタンは一通りルールには目を通したものの、他がルールを覚えていなかったので(いったいなんのために買ったのか……)クルードをやった。犯人と凶器と殺害現場を最初に設定して、手持ちの情報と他プレイヤーの漏らす情報から真相を推理する、と書くと複雑そうな印象だけど、実際にはほぼカードゲームのようなもの。トランプとかと一緒で、相手の自分の手札を考えるゲームと言って良さそうだ。まあ、今回はプレイヤーのほとんどが初心者以下なので、このゲームの真価がわかっていない可能性は高そうだけど。積極的に相手を騙そうとすると変わってくるのかもしれない。

プレイしたゲームはもう一つ、ブロックスと言うのがあった。これは四色のパズルピースを使って、それぞれ自分の陣地をどれだけたくさん置けるかというゲーム。これは単純だけどなかなか熱中度が高い。ピースは同じ形をしたものがなく、大きさもまちまちなので、後半に入っておける場所が制限されてくる。そこまでにいかに汎用性の高いピースを残しておけるか、あるいは局地性の高いピースを活用するのかに頭をかなり使う。プレイヤー同士の妨害もガンガン出来るので、そのあたりの駆け引きも熱い。ただ、ほぼ四人専用ゲームなので、人数が少ないと楽しみにくいのが難点かもしれない。

卓上ゲームをプレイするのも久しぶりだけど、これはこれで懐かしい雰囲気だった。考えてみれば、子供の頃はこういうのばかりやっていたような気もする。TVゲームよりもこっちの方が自分のルーツには近いのかもしれない。

まあ、上手いかどうかは別にして。

|

« テラリアが面白い | トップページ | テラリアどうでしょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/59666809

この記事へのトラックバック一覧です: 卓上ゲーム三昧:

« テラリアが面白い | トップページ | テラリアどうでしょう »