« 『一年十組の奮闘(3) 絶対孤独のアンチテーゼ』 | トップページ | 『なにかのご縁―ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る』 »

2013.05.26

『下ネタという概念が存在しない退屈な世界(3)』

下ネタという概念が存在しない退屈な世界(3)』(赤城大空/ガガガ文庫)

性的知識が禁止されたディストピアにしているだけに、あっさりと活動の枠が広がってきた。一巻はそれでも学園モノの枠ではあったけれども、二巻でそれが怪しくなって、三巻ではもう完全に世界と戦う革命家の話になってきている。もちろん世界などというものは形のあるものではなくて、もっと曖昧でなにが敵なのかわからない化け物のような存在で、主人公たちは何と戦えばいいのか良くわからないところで戦っている。そういう雰囲気みたいなものが出てきたのが良かった。

結局、主人公たちが自己の生存をかけて戦っているディストピアと言うのは、どこかにわかりやすい悪がいるのではなく、ただ利害の調整や妥協の結果として生まれているもので、その戦いはどこか空虚な空回りをしている感触がある。それは真剣にやればやるほどに滑稽なものとなってしまうのだが、主人公たちはその滑稽さと正面から逃げようとはしない。おそらく、世界と戦うというのは必然的にそうした滑稽さを伴うものであって、それとどのように向き合うのか、と言うことが重要なのだろう。

その滑稽さは、つまりどんなに必死になったとしても”敵”に相手にされていないことから生じるものだ。つまり、彼らのやっていることは、結局のところ一人相撲でしかないのだ。彼らがやったことは、結局のところ世界になにほどの影響を与えたのか良くわからないし、もしかしたらなんの影響も与えてないだけかもしれない。主人公たちは常にそうした疑いの中、それでも行動をし続ける必要がある。

滑稽であるというのは徒労感につながり、徒労感は用意に失望へ変化する。これは明確な結果、勝利を求めるほどに強く作用する。だから、彼らの為すべきことは”勝利”ではなくて、ただ行動を起こしたことが巡り巡ってどこかにつながることを祈ることだ。つまり、勝利を求めないこと、そもそも”世界は戦う相手ではない”と言うことなのだ。だから戦いは終わることがないし、終わってはいけない戦いと言うことでもあるだろう。

|

« 『一年十組の奮闘(3) 絶対孤独のアンチテーゼ』 | トップページ | 『なにかのご縁―ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/57371691

この記事へのトラックバック一覧です: 『下ネタという概念が存在しない退屈な世界(3)』:

« 『一年十組の奮闘(3) 絶対孤独のアンチテーゼ』 | トップページ | 『なにかのご縁―ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る』 »