« 『聖剣の姫と神盟騎士団Ⅰ』 | トップページ | 『マグダラで眠れ (3)』 »

2013.04.25

『OP-TICKET GAME』

OP-TICKET GAME』(土橋真二郎/電撃文庫)

自分が理解している範囲での土橋真二郎と言う作家は、打算と欲望に満ちた駆け引きゲームを描きながら、そこでどうしようもなくにじみ出してくる倫理観を描いている。全体の比重としては駆け引きゲームがほとんどなのだが、それゆえにこそ作者が本当に重要だと思っているのは論理ゲームから弾き出されてしまうモノ、すなわち倫理なのだ。最善手を選ぶことがゲームで最も有利であるにもかかわず、それを選ぶことを倫理、あるいは良心によって躊躇ってしまう。それによって主人公は敗北してしまうのだが、敗北の中にこそ勝利がある。作者の描いていることはそういうことだと思う。

今回のゲームにおける目的は”おっぱい”である。正常な性欲を持つ高校生男子ならば自己と引き換えにしても求めるものであり、決して笑いごとではない深刻な命題だ(少なくとも本人にとっては)。主人公は己の欲望を真正面から向き合い、そして己の欲望を満たすか、あるいは倫理に従うのかと言う凄まじい葛藤に晒される。これこそ、作者が今まで描いてきた、欲望と倫理の相克そのものだ。たしかに”おっぱい”は自身にとって何よりも欲するものだ。だが、己の欲望のままに女子の意思を無視して、欲望の道具として消費してしまってよいのか?それは人間として”正しい”のか?

主人公は最後までその意味に葛藤し、最終的に”敗北”をする。結局、彼は己の最大利益を追求し続けることは出来なかった。それは弱さだと嘲笑う人もいるだろう。だが、この物語の最後において明かされた秘密によって、実は、彼は”正解”を引き当てていることが明らかになる。もっとも、自分はあれが”正解”だと思うだけど、そうではないと思う人もいるだろう。実際にチケットを使ってしまえば、相手を手に入れることが出来たのかもしれないのに、と。だが、実のところそうではない。”彼女”は、”あそこでチケットを使わなかった主人公”こそに好感を抱いたのだから。

つまるところ、利の追及とは、行ってしまえば自己満足であり、孤独の道だ。己の利を追及するというのは、同時に己以外の損を追及するということだ。だが、人間とは本当に一人で生きていくことが出来る存在なのだろうか?これを是とする人は、おそらく利の追及を躊躇わなないのだろう。しかし、人間は一人では生きられないと考えたとき、己一人の利の追及は最適解ではなくなる。何故なら、利の追及は孤独の道だからだ。そこから離れること、すなわち損を受け入れること。それは他者の存在を許容することでもある。

つまり、チケットを使うことでおっぱいを揉んだ時、相手の少女はどう思うのか?そのことに考えた及んだ時、まったく新しい視野が生まれる。目の前に提示されたルールに囚われず、隠された意味を探ること。それは己の損得という狭い目的から解き放たれるということ。それこそが、ただの駆け引きゲームの枠内を飛び越える視点につながるということであり、真の意味でゲームに勝利するということなのだ。

2013年6月4日追記。友達と話していて気が付いたのだが、このゲームは主人公たち男子による女子のおっぱいを揉めるチケットをめぐる争奪戦の裏で、”いかに気になる男子に自分のおっぱいを揉ませるか”という女子による闘争が繰り広げられているんだ。なぜ女子たちがこんなゲームに参加したのか、と言う理由がそこにある。なにせこのチケットで成立したカップルがいくつもあることを考慮すれば、彼女たちが必死になる理由もわかるというものだ。しかも、実質的におっぱいを揉むかどうかの主導権は女子たちが握っているという点も考えると、むしろ女子たちの闘争の方がメインだとさえ言える。男子たちは女子たちを自由に出来ると思っているようだが、実は男子たちこそが女子の”駒”なのだ。女子たちの望みを叶えるための、手札。自分が主人だと思っている男子たちの裏で、実質的に女子たちこそが”プレイヤー”なのだ。支配しているつもりが支配されている、これはそうした支配構造の皮肉が描かれた作品なのだ。

|

« 『聖剣の姫と神盟騎士団Ⅰ』 | トップページ | 『マグダラで眠れ (3)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/57239935

この記事へのトラックバック一覧です: 『OP-TICKET GAME』:

« 『聖剣の姫と神盟騎士団Ⅰ』 | トップページ | 『マグダラで眠れ (3)』 »