« 『レイセン File6:三人きりのフォース』 | トップページ | 『瓶詰魔法少女地獄』 »

2013.03.18

『一つの大陸の物語(上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~』

一つの大陸の物語(上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~』(時雨沢恵一/電撃文庫)

トレイズとセロンがいきなり意気投合しているのが面白かった。おそらくどちらも頭の回転が同じくらい早いので、相手の些細な言葉で相手の考えを察知しているため非常に会話がスムーズ。荒事を潜り抜けたトレイズの機転とセロンの思慮深さのどちらが優れているというものではないが、こういうのはクロスオーバーの醍醐味だと思いました。本編ではどうしても難しかったリリアとメグの親友描写も解禁になったところもあって、こんなことをやっていて本当に上下巻で終わるのだろうか?まあ、これはお祭りと言うかオマケみたいなもので、それぞれの主人公がそれぞれ自分らしく暴れまわってくれれば問題ないのだろう。

ただ、上巻だけを読んでいると、他のキャラと比較してリリアが苦労しそうなポジションであるなあ、と思った。アリソンに非常に苦労させられてきたという歴史があるだけに、どうもリリアには苦労が染みついている感じ。いや、姉御肌で友達が困っているとつい首を突っ込んでしまうタイプだけに仕方がないとも言えるのだが、トレイズの常識のなさ、メグの予想のつかなさにフォローしている感じだ。まあ、そのうち彼女も暴走するようになるだろうし(自覚はないのかもしれないが、やっぱりアリソンの娘だ)、そうしたらトレイズがフォローする展開になるのだろうし、もしかしたらメグやセロン、そして新聞部のメンバーも動き出すだろう。そんな展開になってくれると嬉しいなあ。

そうそう、冒頭のトラヴィス少佐の場面で、執拗に伏線が張られていて笑ってしまった。飛行機に乗る前に、初心者向け飛行操縦読本を読みふけるとかどんなフラグだ。もっとも最近はフラグ外しというものもあって、いかにも助かりそうなフラグで死んでしまったりするので油断は出来ない。出来ないが、まあ、最後の場面を見る限りそういうことなんだろうな。身元確認出来ないのは生存フラグ。いくらなんでも不自然すぎるだろと言う気持ちと、これがやっぱりこのシリーズの空気なのだという気持ちもあって、なんだか笑ってしまった。深刻で残酷だけど、どこか緩いような空気があるのだ。

自分は、このシリーズだけじゃなくて、時雨沢恵一作品の、そういう恬淡としたところが好きなのだった。それは退屈とか起伏がないというのとは違っていて、例えば電車の外の景色はなぜか際限なく眺め続けていられるのにも似て、何の変哲もないものなのになぜか特別なものを見ているような気持ちにさせられるからだ。

|

« 『レイセン File6:三人きりのフォース』 | トップページ | 『瓶詰魔法少女地獄』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/56971774

この記事へのトラックバック一覧です: 『一つの大陸の物語(上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~』:

« 『レイセン File6:三人きりのフォース』 | トップページ | 『瓶詰魔法少女地獄』 »