« 『甘城ブリリアントパーク(1)』 | トップページ | 『冴えない彼女の育てかた(3)』 »

2013.03.27

『盟約のリヴァイアサンII』

盟約のリヴァイアサンII』(丈月城/MF文庫J)

カンピオーネシリーズに比べると、主人公がわりと本気で小市民を目指しているようなところがあって妙に新鮮だった。けっこうギリギリのところまで追い込まれていても、あんまり戦いにすべてを身を投じている感じがしない。まあシリーズもだいぶ重ねている護堂さんと単純に比べるのは難しいとしても、ハルは社会人として自活していて、その仕事には自負も後悔も、つまりしがらみがあると言うのも大きいのだろう。その仕事を抜かして、いきなりあなたは僭主ですよと言われてもそう簡単に戦いに身を投じることが出来るものではない。

まあ、もちろんこの作者の主人公であるからして、どんなに重い責務だとしても、それが自分しか背負えないのではれば逃げ出すような臆病者であるはずもない。それが地獄のような苦しみも伴うものであっても、それが逃げ出す理由にはならない。まったく、英雄的な人間ですよね。そういう意味では、カンピオーネシリーズのように、口ではなんだかんだ言いながらも戦いを楽しむ主人公になるのもそう遠い話ではないのかもしれないのだが。まあそれはそれで。

これはネタバレになってしまうけど、パヴェル・ガラドが生き残ったのはちょっと意外だった。これはひょっとしてライバルフラグですか?「お前を倒すのは俺だ!」みたいな。強敵と書いて友と呼ぶ系列?まあベジータ(≒かませ)ポジションに落ち着く可能性も無きにしも非ずですが。敵ながら正々堂々、そして爽やかなキャラなので、今後も出番が多くなると良いですね。なんとなく最後の雰囲気からして、いろいろと(良い意味で)ひどい目にあいそうな気がぷんぷん致しますが、それも面白そうだ。ああいう堅物はいろいろ揉まれた方が味が出るもんだ。

|

« 『甘城ブリリアントパーク(1)』 | トップページ | 『冴えない彼女の育てかた(3)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/57045508

この記事へのトラックバック一覧です: 『盟約のリヴァイアサンII』:

« 『甘城ブリリアントパーク(1)』 | トップページ | 『冴えない彼女の育てかた(3)』 »