« 『魔法少女地獄』 | トップページ | 『棺姫のチャイカⅥ』 »

2013.02.11

『幻國戦記 CROW -千の矢を射る娘-』

幻國戦記 CROW -千の矢を射る娘-』(五代ゆう/GA文庫)

忍者でスチームパンクですってよ奥さん!しかも、特撮変身ヒーローで山田風太郎忍法帳ときたら数え役満ですよ旦那!誰だよ。それに麻雀とかわからねえよ。そんなことはどうでも良いですが、少なくとも自分は大喜びな趣味的な一品となっておりますね。五代先生にこういう趣味があったのは知りませんでしたが、それにしても偏ったご趣味でございますなあ。いえ、素晴らしいと思います。

タイトルではCROWとなっているけど、主人公は実質的に鴉ではなく、彼に助けられる千弦になっています。里を滅ぼされた彼女にはある秘密があり、いくつもの組織が彼女の身柄を狙っている。彼女が生き延びるために戦うというのが物語のメインになっていて、なんというか少女小説的な肌触りがあるのが独特です。千弦を助ける二人の青年(片方が穏やかで誠実、片方がお調子者で裏がある)の存在も少女小説的な要素を強めていて、一方、奇奇怪怪な奇人変人怪人が入り乱れるバイオレンスアクションが展開されていく。このミスマッチ感がかえっていい味を出している気がしますね。

登場人物がガンガン容赦なく殺されていくのもなかなかバイオレンスアクションとしては好感が持てるんですが、ちょっと今回はキャラ紹介的な要素も強くて、まだ大人しいところもあるかもしれない。敵も実質、妖怪ジジイ一人だけで、不死身とも思われるジジイが今作の変態成分を担っているところがある。このあたりは今後、どんな変態が出て来るのか五代先生のオタク力の到達点を見るうえでも次回に期待でござる。

バトルアクションものとしては、それぞれ超常の能力を持った忍びが殺しあうわけですが、現時点において鴉の能力がチート過ぎて、限界が見えないのがネックですか。ここまでやっては敵に勝ち目なんかないんじゃないの?まあ、作者がどのようなバトルを志向しているのかにもよるけど、そのうち鴉の弱点が明らかになったりして、お互いに最善手を打ちあう高度な駆け引き戦が描かれると嬉しいところだ。個人的には五代先生はそっちの方にはあまり興味のない人だと思っているんですが、この題材となったら期待せざるをえません。

まあ、正直な意見を言わせてもらうと、こういう少年漫画的伝奇アクションは五代先生の作風じゃないと思っていたので、期待半分不安半分と言うところです。まあ、期待するのはタダだし、方向性が違っていたら読み方を修正すればいいだけだ。今はただ続きを楽しみにしていきたいと思います。

|

« 『魔法少女地獄』 | トップページ | 『棺姫のチャイカⅥ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/56728563

この記事へのトラックバック一覧です: 『幻國戦記 CROW -千の矢を射る娘-』:

« 『魔法少女地獄』 | トップページ | 『棺姫のチャイカⅥ』 »