« 『僕は友達が少ない CONNECT』 | トップページ | 『魔弾の王と戦姫(6)』 »

2013.02.05

『千の魔剣と盾の乙女(9)』

千の魔剣と盾の乙女(9)』(川口士/一迅社文庫)

ロックとファーディアの関係がまるで男二人のバディものに通じる凸凹コンビ感が出ているのが新鮮ですな。といきなり結論から入ってしまったけど、 自分にとって9巻の内容はロックとファーディアの話です。この二人がキャラ的にここまで噛み合うとは思わなかったって言うか、やっぱり男の友情ってのはお互いに譲れないものを持ちつつ、そこを尊重しあう関係がいいですね。これがヒロインとの関係ではお互いのすべてを肯定する”受容”の過程が入ってしまうので、こういう関係にはなりにくいものだ。なお、これは個人的な見解です。あとBLとかあっちの方向の話は知らんけど。

とにかく、これはもっと早くクローズアップしても良かったんじゃねーの?男キャラなんていらん、という層がいることは否定しないし、このシリーズはまさにそういう層をターゲットにしていることも間違いないけど、それにしたって二人のコンビはかなり面白いし、上手くすれば女性層も取り込めたりもするんじゃないか?と思ったけど、バランスを取るのが難しそうだし、机上の空論かもな。まあいいや。

あとはそうだなあ、新たなの嫁が参戦したり(むしろ愛人か?)、ホルプの復活の目途がついたりしていたわけだけど、『星図詠みのリーナ』とのリンクもおぼろげながら出てきたかなあ、というところか?あれは複線をいろいろ残して終わったから、再利用できる線はけっこうありそうだし、そんな感じでも蘇ってくれると個人的にも嬉しい。自分はあのシリーズがすごく好きで、いろいろな意味で”正しい意思”と言うものを考えさせてくれた良い作品だった。果たして今のシリーズに、あそこで描かれていた”正しさ”を感じさせる描写があるとはあまり思えないんだけど、まあそれがライトノベルとしては売れないという現状では仕方がないのかなあ……と非常に悲しい気持ちになります。あーあ。

|

« 『僕は友達が少ない CONNECT』 | トップページ | 『魔弾の王と戦姫(6)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/56694562

この記事へのトラックバック一覧です: 『千の魔剣と盾の乙女(9)』:

« 『僕は友達が少ない CONNECT』 | トップページ | 『魔弾の王と戦姫(6)』 »