« 『マグダラで眠れ』 | トップページ | 『大日本サムライガール(4)』 »

2013.01.29

『魔王が家賃を払ってくれない(5)』

魔王が家賃を払ってくれない(5)』(伊藤ヒロ/ガガガ文庫)

こういうSFネタは卑怯すぎるだろ。未来に行ったらディストピアが完成していて、現代に戻るために独裁者と戦うなんて、手垢が付き過ぎていて元ネタがなんなのかを調べるのもめんどくさいけど、自分はそういうのが好きなんだよな。それだけで好感度が高くなってしまって、なんだか騙された気分。いや、たぶん騙されている。まあいいや。

SFネタはネタとして、それほどきっちり作りこんでいる印象はないんだけど、魔王とトモザキが未来に飛ばされたことを理解してジタバタするあたりの魔王のあざとさといい、作者はさすがプロいなとか思った。そして成長した参謀長が登場した日にはあざといを通り越して卑怯だと思いました。ほんと、こういうネタにはどうしても弱い。なんで自分でも弱いのかいまひとつはっきりした理由はないのだが、もしかすると幼き日に観た『バック・トウ・ザ・フューチャー』の印象が強くあるためだろうか?まあ、タイムトラベルものが嫌いな男の子はいません!と言うことかもしれない。

未来に行ってからも、徹底して馬鹿馬鹿しいネタで突き進んでいるのは偉いと言えなくもない。個人的には最終決戦における例のキーワードには驚かされるというか「や、やりおった…」と言う感じだった。そして時間差でさらに”アレ”をぶちまけた時には感心さえした。一度、日和ったと見せかけて、気を抜いたところで追撃を加えるあたりはなかなかやるな、みたいななんとか。

それにしても、5巻目にして初めて感想を書いてみたんだが、予想通り感想が書きにくいな!不条理と言うほど脱線はしていなく、萌え要素もわりとあるけどメインではなく、カタルシスがあるようなないような感じで、このふわふわとした読後感、嫌いじゃないよ。でも売れているのかどうかが良くわからん。

あ、そうそう。最後だけど、これタイムパラドックスと言うか、辻褄が合ってないよな。特にあの時間軸には魔王とトモザキが二人存在していることになってしまうと言う問題がまったく無視されているようだが……さらに宇宙都知事も今回で倒したように見えて、この時間軸には普通に残っているわけで、そうなると今回の話の存在意義さえも危ぶまれる…。ただ、そのあたりはこれから語られることもありそうだし、今後のさらなる不条理劇に発展しそうな気もするので、なにやら期待が高まりますな。不安もあるけどね。

|

« 『マグダラで眠れ』 | トップページ | 『大日本サムライガール(4)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/56645117

この記事へのトラックバック一覧です: 『魔王が家賃を払ってくれない(5)』:

« 『マグダラで眠れ』 | トップページ | 『大日本サムライガール(4)』 »