« 『ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上(1)』 | トップページ | 『ボンクラーズ、ドントクライ』 »

2012.10.13

『銀のプロゲーマー2G』

銀のプロゲーマー2G』(岡崎裕彦/スーパーダッシュ文庫)

自分の観測範囲での話なので間違っているかもしれないけれど、『ラノベ部』(平坂読)あたりから大きな物語を持たず、登場人物たちが小さな出来事について取り組んでいく話がいくつか出てくるようになってきたような気がする。その意味では平坂読がライトノベルというジャンルに果たした役割は大きなものがあるのだろうが、それはまあ関係ない話だ。

で、何が言いたいのかと言うと、今回の『銀のプロゲーマー』のほとんどはそういう話だったと言うことだ。前回にもそういう傾向があったけど、今回は、特に前半においては主人公のゲーマーとしての日常話がメインになっているようだ。まあ、プロゲーマーを育成する学校などと言うネタを死に筋にするのはもったいないと言うものなので、こういう選択は当然であるにしても、こういうことが出来る作家になったんだなあ、と感慨深くなったのだった。すごく失礼なことを言っている気がする。

そして後半の狂った…いや、頭のおかしい…まあ、吹雪ディアと言うわけのわからん人が現れて思想的に対立していくことになるんだけど、このあたりの物語展開があまりにもダイナミックで笑ってしまった。そうそう、作者の作品にはこういうのがないとね、みたいな。正直、吹雪ディアがあまりにも異常すぎて言っていることにまったく納得がいかないというか、そもそも心情的に対立しているのか良く分からない。別に気にしなければいいだけなんじゃねえか……と思わないでもないのだが(別に直接的に危害を加えてくるわけでもないし…)、そこはゲーマーとしてのプライドの問題なのだろうか?どうだろう。

これは決して欠点とは言い切れないんだけど、基本的に作者のテーマにしていることがあまりにもニッチ過ぎていて、読者の共感を呼びにくいと言うのがあるんだと思う。”思想的に相容れない相手と出会い戦いを通じて分かり合っていく”と言う王道とも言える物語が、どうも自分には理解出来ないところがあるのは、主人公とライバルの双方が持っている思想に特異すぎて、読者である自分としては、変人がおかしなことをしているなあ、という感想しか出てこないのだった。

でも、以前の作品に比べれば、作者と自分の間にある倫理感の壁も薄くなってきている感じもあって、作者も読者受けを意識して書いているように思える。あんまり無理して読者に媚びているのでなければいいなあ、などと余計なお世話なことを考えてしまうのでした。

|

« 『ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上(1)』 | トップページ | 『ボンクラーズ、ドントクライ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/55875060

この記事へのトラックバック一覧です: 『銀のプロゲーマー2G』:

« 『ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上(1)』 | トップページ | 『ボンクラーズ、ドントクライ』 »