« 『烙印の紋章(11)』 | トップページ | 『RPF レッドドラゴン 第一夜 還り人の島』 »

2012.07.09

『飛行迷宮学園ダンゲロス―『蠍座の名探偵』―』

飛行迷宮学園ダンゲロス―『蠍座の名探偵』―』(架神恭介/講談社BOX)

自分が思うにダンゲロス(と言うか架神先生の作品)の面白いところとは、徹底的に理屈先行型であるところを極め過ぎてしまっているために、結果的に理屈から外れてしまうところであって、要するに”理”に非常に偏った作品を作っているということです。架神先生の手にかかれば、人間とは完全に理屈で説明できる存在であり、感情などはノイズに過ぎないのだ、というような乾いた感触があるんですね。もちろん、物語上で登場人物たちは泣いたり笑ったり恋をしたりするんですが、そういう感情が物語的にはあまり重視されないと言うか、人間の持つ乱数性として機械的に処理しているような感じさえ覚えます(まあ、僕の勝手な解釈ですけどね)。

こういう描き方をする作家は決して珍しくなくて、ミステリの分野ではむしろ主流派だったりするわけですが、架神先生の場合物語を理屈の上に積み上げていきながら、途中でそういう理屈を飛び越えてしまうところがあるのです。いや、飛び越えると言うよりも、人間の持つ乱数性に物語を丸投げしてしまうところがある、と言ったらいいのかもしれない。要するに、個々のキャラクターはそれぞれ合理の権化として、常に(本人にとっては)最善の選択肢を選択しているわけですが、あまりにも”個人にとって”最善の選択をしているために、結果的に各人の選択がバッティングしていって、結果的に物語が捻じ曲がってしまっていって、あるいは脱線したりする。まあ、作者はキャラクターの行動を完全に掌握しているのかもしれないけど、少なくとも読者である自分にはそのように見えてしまう、ということです。物語が何かの拍子でズレてしまうような不安定感があるんですよ。良い意味で”居心地が悪い”と言う感じ。そこがすごく面白いと思います。

今回はミステリとして描いた、というようなことをどこかで見たような気がするのだけど(うろ覚えですいません)、確かに物語はミステリとして進んでいくことになりますが、しかし、ミステリのようには進まない。登場人物は犯人の意図以外のところでも死んでいくし、登場人物たちの異能も役に立ったり立たたなかったりする。そうしたガジェットが”過剰”であるという言い方をしても良いのだろうけれども、物語の要素が過剰であるために、要素を使い切ろうと思えばいくらでも別の使い方が出来るために、読者(自分)は物語がどこに落とし込むのか(あるいは落とし込まれないのか)が分からないところがあって、それが不安定感に繋がっているというところはあるかもしれませんね。

ただ、今回は物語が短いだけに、物語は大きく崩れることなく端正さを保ち続けていました。最初に提示したミステリという枠内から、それほどブレることなく最後まで突き進むことが出来たと言うか。ただ、その分、大銀河超一郎など魅力的なキャラクターが登場しつつも(ここで魅力的と言うのは、物語を破壊しかねないキャラクターという意味で)、特に物語に影響を与えることなく終わってしまったようにも思います。ただ、こういうチートキャラクターをミステリという物語が”封殺”したと捉えれば、これはこれですごく面白いところのようにも思えますね。複数の物語がせめぎ合って最終的にミステリが勝利した、みたいな。個人的にはこれはこれで”ダンゲロス的”という感じ。まあ、もっと長い話でダイナミックにブレる話を読んでみたいとは思います。

あ、前回に比べると触手やエログロを控えめにしていると言う話を聞いて「ハハ、バカな」と思っていたことは内緒です。架神先生、エログロなくても小説書けたんですね……というのは冗談ですけれども(良い子の君主論もあるしね)、なぜかこの作者と言えば触手+エログロという認識が刷り込まれていました。個人的な印象では「それを捨てるなんてとんでもない!」というところですが、一般性は増しているように思います。まあ、変態度はたいして変わらない気もしますけどねー。

|

« 『烙印の紋章(11)』 | トップページ | 『RPF レッドドラゴン 第一夜 還り人の島』 »

コメント

かがみさんのジャンプ感想サイトをみると確かに、そんな感じですね、物語の都合で、強力な敵が弱体化したり、主人公を無条件で信頼したり、導入部が不自然な漫画が嫌いって感じでした。個々のキャラクターはそれぞれ合理の権化として、常に(本人にとっては)最善の選択肢を選択している、
てのはすごくよくわかる表現でした。

投稿: aragaki | 2013.03.26 10:53

『HUNTER×HUNTER』の富樫先生もそんなことをおっしゃっていましたね。まあ、ジャンプをずっと読んでいるとどうしてもぶつかる問題で、そこが我慢ならないとこういう方向にシフトするんでしょうね。ただ、それを実際にやってしまえるのはそれ相応のセンスや努力が必要になると思います。上手く書くとなると、誰にでも出来るものではなさそうですね。

投稿: 吉兆 | 2013.03.27 20:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/55159176

この記事へのトラックバック一覧です: 『飛行迷宮学園ダンゲロス―『蠍座の名探偵』―』:

« 『烙印の紋章(11)』 | トップページ | 『RPF レッドドラゴン 第一夜 還り人の島』 »