« 『アトリウムの恋人(3)』 | トップページ | 『ストライクウィッチーズ劇場版』 »

2012.04.18

『魔法使いの夜』雑感

しばらく更新をサボっていたのは、当然のことながら『魔法使いの夜』(TYPE-MOON)をやっていたためである。木曜日に初めて土曜日にはクリアしたんだけど、クリアしたらしたでいろいろぐるぐると考えたり、気になっていた部分をリピートしたりしていたのだった。そろそろこのままだと『魔法使いの夜』について書くタイミングさえも逃してしまいそうなので、とりあえずまとまりのないままに書いてみようと思う。

今回の話を一言で説明すると”日常系”と言う感じで、月姫やFateとは一線を隔している感じがある。これはどういうことかと言うと、以前の作品が突然に非日常に叩き込まれた主人公が戦いに挑む物語であるのに対して、今回の物語において主人公たちが生きる”日常”の物語なのだ、ということだ。もっともその日常は”魔術師の日常”ではあって、その中には生死をかけた闘争もあるわけだけど、その闘争そのものは目的ではなく、ただそれが彼女らの生きる”普通”であるに過ぎない。だから主人公たちにとって最も重要なことは”勝つこと”ではなくて、あくまでも”その人生を生きること”であり、生きることの喜びというものが描かれている。つまり、”人生とは劇的ではない刺激的ではある”と言うことで、小さな出来事の中に、大きな喜びがあるということなのだ。

これは僕の中ではすごく納得感のあるところなのだが、これは奈須きのこは元々何を描いている作家なのかというところについての話で、いまでこそ伝奇物を描く作家という認識があるわけだけど、実のところアクションよりも”日常”について非常に多くの描写を裂いている印象があったので、その当たりの感覚に合致した、と言ってもいいかもしれない。と言うか、よくよく考えてみるとアクションシーンと言うのはあまり大きな側面ではなく、基本的に会話劇であり、なにより日常ドラマとしての、さらに言えばドラマ性さえもない作家なのかもしれない(と言うのは、さすがに先走りすぎか)。思い返してみれば、Fateという作品も、殺し合いに巻き込まれていきながら、執拗に日常に拘り続ける描写があった。これは非日常に対して、簡単に非日常に飲み込まれるほど日常と言うのは柔じゃないと言わんばかりで、それがすごく不思議と言うか、ある意味納得があるのだった。殺し合いをしていても、それでも腹は減るしトイレにだって行きたくなるものなのだ。

話が盛大に脱線してしまった。ただ、『魔法使いの夜』と言う作品の持つ、徹底した”日常の空気”に対するこだわりは本当に素晴らしく、窓の外で降りしきる雨音や橋の上から夕日を見るときの空虚さとか、そういうものに対する視線が心地良いのだった。これは最近の自分の趣味が、物語よりも描写に寄り始めているということもあって、万人が納得することではないとは思うけど。その意味ではエンタメから多少はずれ始めているところもあるのかもしれないが、正直、最近はエンタメとか非エンタメとかどうでも良いと思うし。読んで、心にわだかまるものがあれば良いと思うのだ。

すべてのエピソードを見終えた後、僕の中には「冬の朝のような静けさ」の感触が残って、それはいまだに消えていないのだった。

|

« 『アトリウムの恋人(3)』 | トップページ | 『ストライクウィッチーズ劇場版』 »

コメント

ちゃーす。

なるほど、買う気はなくとも見聞きはしていましたが、そういう感じの物語だったんですね。キャラの格好が「一般人風」なのも合点がいきました。吉兆さんの奈須先生への分析(?)も、「そうだったかも」とはじめて気が付きました。流石っスね~。

あと、そろそろ吉兆さんが体調を壊される時期ですが、具合はどげんですか?

投稿: もじのくまさん | 2012.04.21 20:08

何事もそうですが、一つの意見を読んでわかった気になっては駄目ですよ。これは、あくまでも僕の”主観”を通してみた『魔法使いの夜』であって、真実ではありません。なので「へーまほよって日常系なんだ」などと僕の意見を鵜呑みにしないでくださいね。

体調を崩す季節…そんなこと書いたような気もしますが、特に問題はありません。心配してくれてありがたいですが、どうせ僕の言うことなんて、大抵はそんなものです。

投稿: 吉兆 | 2012.04.21 21:41

ん?ああ。だ、大丈夫ですよっ。
そこまで断定的に認識はしてないです。

体調を崩す季節というのは、毎年GWあたりに吉兆さんが「目と頭が痛い」とか「お腹すいて飯食ったら吐いた」とか言って寝込んでいたのを指しています。一応補足。
まあ変わりがないなら結構ですが。

投稿: もじのくまさん | 2012.04.27 13:10

余計なお世話でしたね。すいません。

ただ、いろいろな意見を参考にするのは当然なんですが、そういうのを無意識に信じ込んでしまうこととはよくあります(自分もしょっちゅうやって後悔しています)。

それに、とても良い作品なのであまり変な先入観を持って欲しくないな、という個人的な感情もありまして。

それと、花粉症は相変わらずですが、対策をとっているので日常生活には問題ありませんね。さすがに毎年のことなので学習しました。

投稿: 吉兆 | 2012.04.27 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/54480439

この記事へのトラックバック一覧です: 『魔法使いの夜』雑感:

« 『アトリウムの恋人(3)』 | トップページ | 『ストライクウィッチーズ劇場版』 »