« 『スノウピー3 スノウピー、恋愛する』 | トップページ | 『オブザデッド・マニアックス』 »

2011.08.06

『赤鬼はもう泣かない』

51wrsgwzmsl__ss500__2

赤鬼はもう泣かない』(明坂あかり/ガガガ文庫)

前半と後半で物語のカラーが、完全に反転しているところに好感が持てる。前半では、不思議な少女と交流を深めてゆく主人公の、なんとも不思議な学校生活がほのぼのと綴られてゆく。その時点でいくつか提示されている事柄が、後半に入ると、まったく別の意味を持つようになるところは、丁寧な描写であった。主人公とヒロインの交流としても、最初は異形とも思えるヒロインに、だんだんと心を許してしまう過程には、それ相応に納得の出来るところがあって、物語の手続きはきちんと踏まえているように思う。

その一方で、主人公のあかなめと言う設定にほとんど物語的な意味がなかったり、物語が反転する瞬間のシーケンスに、多少のもたつきを感じさせるところもあって(少なくとも、ある瞬間を境に、パッと絵が切り替わるタイプの作品ではない)、いささか洗練のされていないところも見受けられる。とはいえ、これは作者の志向であろうとも思えるので、必ずしも欠点とはいえないだろう。拙速よりも巧遅を尊ぶタイプなのだろう。

後半において残酷を迫られることになる主人公が、きちんとそこに楔を打ち込むことになる展開には、物語的手続きを踏む作者の志向が良く現れている。そこには奇跡も偶然もなく、主人公か築いた人間関係と、ある人が遺した手段によって物事は為される。因習を打破するのではなく、利用して、己も社会の一員となることによって、物語は為されるというところを見るに、これもまた、ある意味ビルドゥンクスを達成しているのかもしれない。

また、話は逸れるが、ヒロインを不幸にする因習を破壊するのではなく、あくまでも保守するというところが、個人的にはとても好きだ。なんでもかんでも壊せば良いと言うものではない。過去のものは、それ相応の理由があって、積み上げられたものである。それを正しく利用することで、人間は生きる力にしてきたことでもあるのだ。壊すことは簡単であるが、創り出すことは困難なものなのだから。壊した後のことを考えないような行為は、あまりに無責任というものだと思うのだ。

|

« 『スノウピー3 スノウピー、恋愛する』 | トップページ | 『オブザデッド・マニアックス』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/52408191

この記事へのトラックバック一覧です: 『赤鬼はもう泣かない』:

« 『スノウピー3 スノウピー、恋愛する』 | トップページ | 『オブザデッド・マニアックス』 »