« 買ったもの | トップページ | 『ベン・トー(7) 真・和風ロールキャベツ弁当280円』 »

2011.05.13

『むやみに分裂!! 邪神大沼(6)』

51lowckcull__sl500_aa300_

むやみに分裂!! 邪神大沼(6)川岸殴魚/ガガガ文庫)

あらすじを書こうと考えるだけで徒労感に襲われるくだらなさは一読の価値あり。ここまでどうでもいい内容で一冊を書けるというのはすごいと思う。キャラ萌えもストーリーも無く、ひたすら痙攣的なギャグを積み重ねていくと言う極めて困難な道を進んでいる作者には畏怖の念を覚えるが、それを6巻まで良く続けたものだ。さすがに良くも悪くも読者である自分も慣れてきてしまっていて、のたうち回るほど爆笑、と言うのはないが(・・・よく考えたら最初からそういうのは無かったような気もする)、ところどころで発作的な衝動にかられるぐらい面白い。

表紙が酷かったりするけれど、これもまた作者なりのギャグであるのは明白であるが、それにしても編集部もぐるになってネタの仕込み方はたいしたものと感心してしまった。表紙だけではなく帯まで凝っている。ここまで悪乗りが許される立ち位置と言うことなのだろう。決して、作者側が破れかぶれになっているわけではない、と思う。

内容面では、拝金主義の権化と化した露都まわりの話が良かった。生徒会長になったことで常軌を逸したレベルで私腹を肥やそうとする露都の姿は、もはや哀れとか醜いとかそういうレベルを超えている。人間として最底辺、ここまでは落ちたくはないレベルで描かれているのが容赦ない。最初は、まあ無理の無いレベルで(もないが)私腹を肥やしていた露都だが、家計が本格的にやばくなってきたことで、ついに己の人権とか尊厳とかを切り売りするようになり、それだけならまだしも学校、ひいては生徒そのものを切り売りするレベルになる。いちおうこの人も最初は勇者だったはずで、それに見合ったキャラだったはずなのに、それがここまで落とすことが出来る作者には敬意を表したい。もう二度と這い上がれんぞこいつ。

あと、さなえの話もよい。実はさなえ関連の話は、自分はうっかり感動してしまって、まったく年を取ると感動しやすくなってしまって困ったものだ。キャラクターとしてはユルイだけのキャラなのでどうと言う事はないのだが、いつか消えてしまうだけの自分を受け入れて、学園祭を楽しんでいると言うのはなかなかあざといものがあると思うのだが、最後の手紙に参ってしまった。この作品のことだから一体どんな落とし方が待っているのかと思ったところに食らってしまった。かなり意外な変化球ではあって、確かに肩透かし系のギャグとして笑えないでもない落とし方ではあるが、一方でものすごく真剣な行為であるようにも思える。事前にメイド喫茶で伏線が張ってあるのも心憎い。それゆえに、そこから導き出される心情、と言うものを自分で構築してしまったために、勝手に感動してしまったのである。

この感動の仕方は、本当に”勝手に”感動してしまっただけなのだが、人間、感情の流れを線として繋げてしまうことで(本当にそうであるのかは分からないにも関わらず)感動してしまうものなのだから、ままあることである。

|

« 買ったもの | トップページ | 『ベン・トー(7) 真・和風ロールキャベツ弁当280円』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/51661281

この記事へのトラックバック一覧です: 『むやみに分裂!! 邪神大沼(6)』:

» むやみに分裂!! 邪神大沼 6 [俺TODAY.annex]
むやみに分裂!! 邪神大沼 6 (ガガガ文庫)(2011/02/18)川岸 殴魚 「初心者らくらく邪神マニュアル+スターターキット」なるものを入手してしまい、邪神w を目指すDKが主人公のお話です。邪神と言いつつ、...... [続きを読む]

受信: 2011.05.18 02:57

« 買ったもの | トップページ | 『ベン・トー(7) 真・和風ロールキャベツ弁当280円』 »