« 『“菜々子さん”の戯曲 小悪魔と盤上の12人』 | トップページ | 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(7)』 »

2011.02.27

『ヘヴィーオブジェクト 巨人達の影』

51iqi34ae7l__ss500_

ヘヴィーオブジェクト 巨人達の影 』(鎌池和馬/電撃文庫)

禁書目録の既刊感想を書こう書こうと思いつついまだ果たせない今日この頃。書くべきことが多すぎるのと、時期を外してしまってテーマが賞味期限切れになりつつあるのが困ったところです。でもいつかはやりたい。

などと今日も言い訳から始めてしまった。言い訳おいしいです。

さて、鎌池先生のもう一つのシリーズ作であるヘヴィーオブジェクトについてですが、相変わらずものすごい読み難いです。文章がどうとかそういう話ではなく、登場人物たちの異様に説明的な台詞、一読して飲み込めないストーリーなど、とにかく読みながら「ちょ、ちょっと待って!?」と口走る自分を抑えられません。大体、2、3ページに一回くらい口走る(多すぎだろ)。

しかし、困ったことにそれでもなお面白いのです、この話は(無駄に倒置法)。正直、主人公たちが戦いに関わることに説得力はまったく感じられないんだけど(冒頭に説明があるけど、まったく納得いかない・・・)、それはそれとして、徒手空拳の主人公が圧倒的なオブジェクトたちを知恵と機転と勇気で立ち向かう展開はものすごく面白いのです。しかも、おそらく厳密に考えれば主人公たちの作戦は無茶だと思うのだけど、その作戦を挑むまでの展開があまりにも躍動的なため、ついうっかり素晴らしい作戦のような気がしてしまう。説得力ってのは理屈じゃあねえんだな!と言うことが良く分かりますね。力技と言えばこれほどの力技もないけれど、事実、相手をねじ伏せるだけの豪腕があるのであれば、それは立派な戦術なんですよね。

では、鎌池先生はノリと強引なだけの作家なのか?と思われるかもしれませんが、それもちょっと違う(たぶん)。鎌池先生は、自分の書いていることが荒唐無稽であるのは最初から承知している感じです。大抵、そうした無茶と言うか、はっきり言って筋が通ってない部分は、さらっと流してしまい、とっとと物語を進めてしまう。その強引さこそ、自分が「ちょ、ちょっと待って!?」と思ってしまう原因ではあるのだけど、ついつい先のページをめくらされてしまう。完全に作者の手のひらで踊っておりますねー。素直にそういうところは脱帽だ。ホンマ恐い人やで、鎌池先生は。

内容については・・・まあ、自分が言うことは特にないよなあ。ほぼ完全に本編の中で語るべきことは語りきっていて、そこに付け加えるべきことも、あるいは差し引くこともない。これは作品が”貧しい”と言う意味ではまったくなくて、逆に作品の設計が完璧だという意味です。作者が最初に設定している目標を、十全に果たしきっている。ただひたすらに爽快感のみを追求し、追求しきった作品に自分は何かを語る必要があるとは思えませんね。ただ読み、爽快感を味わうことだけが読者が行うべきとさえ思います。

|

« 『“菜々子さん”の戯曲 小悪魔と盤上の12人』 | トップページ | 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(7)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/50981554

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヘヴィーオブジェクト 巨人達の影』:

« 『“菜々子さん”の戯曲 小悪魔と盤上の12人』 | トップページ | 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(7)』 »