« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

2010.09.27

『カンピオーネ!(7) 斉天大聖』

513yilybk5l__ss500_

カンピオーネ!(7) 斉天大聖』(丈月城/スーパーダッシュ文庫)を読んだ。

護堂さんはパネエなあ、と言う感想。正直、ここまでやるとは思いませんでした。何がすごいって、まさかハーレムを名実ともに完成させるとはまったく想像をしていませんでした。エリカ、祐理、リリアナ、恵那の四人は、いままで護堂をめぐって鞘当を行っていたわけで、まあ普通にラブコメ的展開が起こっていたわけです。まあこの過程も、激しい主導権争いがあったりしてなかなか面白い展開だったんですが、その争いを、今回、なんと護堂さんは完全に自分の器量で飲み込んでしまわれるんですな。”少年”の権能を使用する場面は完全にアレではあって、それはそれでエロいなあと思いましたが、しかし、完全にヒロイン全員を落としてしまったと言うところは、正直、言葉が出ないです。本当にすごい。びっくりだ…。ラブコメ展開をしている作品の中で、本当に全ヒロインを同時に落としてハーレム完成を認めさせる主人公はライトノベルでは初めて見たような気がする。毎回、ハーレムの動向をわくわくしながら見守っていた自分ですが(ろくでもない趣味である)、この展開にはまいったなー。まったく予想してなかったもんなー。ってさっきから同じことしか書いてませんが、本当に、それだけびっくりしたんです。これだけは絶対無いだろうと思っていたもので。

なぜかと言うと、この手のラブコメ要素と言うのは、ヒロイン争いに決着がつくと物語は終局に向かってしまうからです。そのような引力が発生する。そのためにラブコメ展開は基本的に進みもしなければ下がりもしない、永遠に続く現状維持と言うのがラブコメの原則になるわけですね。誰か一人を選ぶと物語が終わってしまうのならば、選ばなければいいじゃない、と言う理屈ですね。そうすることで物語はいつまでも引き伸ばされる。ところが、この作品はハーレム構築と言う形で決着をつけてしまった…。これは本当に驚いてしまいました。まあハーレムと言うのは、あくまでも”誰か一人を選ぶ”と言う決着がつかなくなっただけで、主の寵愛を競うという別ステージに移動しただけとも捉えられるので、どうなるかは分からないけど。ただ、それってジャンルが変わってしまうんだよね。本当にどうすんだろうか。

話はさっぱり逸れてしまったけど、前巻で登場したカンピオーネ二人に対しても護堂さんはその器量を見せつけまくるナイスガイなのは想定内であり、さすがである。きっとデレるんだろうなとは思っていたのでハーレム完成ほどには衝撃を受けなかったものの、羅翠蓮教主に対する関係の変化は正直すごく美味しいところだと思いました。ハーレムからは距離を置きつつ、しかし、愛人とはまた違う特権的な位置。教主、すごくいい位置にいますよ。ある意味、誰も勝てない地位にいるように思うので、これもまたさすがと言わざるを得ない。アニー?ああ表面的には親友で内面的には悶々としてしまう立場ですね。一番残念な立場です。どうにもなりません。今後、便利に使われながら影に泣く女になることは目に見えています。強く生きろ。

内容についてまったく触れていないのに今頃気がついたけど、うん正直もういっぱいいっぱい。先の展開への伏線とか、激しいバトルとか、まあいろいろあったけど、あまりにも劇的すぎる展開にもうどうにもならん。まいった。

|

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

コメント

現在の飽和状態なライトノベルのテンプレートを考えるとそのうち出てくるんじゃないかなーとは思っていたのですが、やっぱりあったのかな、と思いました>ハーレム肯定
化物語なんかは構成として似ていて違いますしね。ガジェットの一つとはいえ、どう決着を付けていくかというのはラノベにおいては割と重要なのかなと、今回の感想を読んでいて感じた次第です。
個人的な問題点として、これ、まだ一冊も読んだことがないため、気になってはみても七冊は辛いなあ、と(苦笑)
「”少年”の機能」云々にしろ、作中のどんなテクニカルタームだろうかとか色々気にはなるのですがw

投稿: 名無し | 2010.09.28 17:36

まいったんかい。

投稿: シロ | 2010.09.29 22:09

>名無しさん

ハーレム化は、実は面白くするのがめんどくさいんですよ。関係が固まってしまってもつまらないし、距離感が離れすぎてはハーレムである意味はないし。なので、大抵のハーレムものラノベはハーレムが完成するときは終わる時と言ってもいいんですが。その点、この作品の果敢さ、攻めの姿勢は素晴らしいですね。

>シロさん

自分はこう見えても謙虚な人間なので、シャッポを脱ぐべき時を誤らないようにしているのです。

投稿: 吉兆 | 2010.09.30 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/49561807

この記事へのトラックバック一覧です: 『カンピオーネ!(7) 斉天大聖』:

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »