« 『ミスマルカ興国物語VII』 | トップページ | 『アップルジャック(2)Pousse‐caf´e』 »

2010.07.10

『天使から百年 魔人と主人と廃棄物』

511sksecltl__sl500_aa300_

天使から百年 魔人と主人と廃棄物』(野梨原花南/富士見ファンタジア文庫)を読んだ。

なんだかえらいものを読んでしまったなあ…と言う感じ。作者の野梨原花南はわりとけっこう前から好きで何冊か読んでいたのだけど、なぜか今ままで感想は書いてなかった。何でかと言うと、読み終えた後に上手く感想が言語化できなかったのです。面白いんだけど、しかし、具体的に何が面白いのかさっぱり分からない。それでいてどことなく引っかかるものを感じる。本当に、何をどう語ればよいのか、途方に暮れてしまうのでした。なんと言うか、作者はどうの自分とは物語についての感覚が違うっぽい。ハチワンダイバーで言うところの異能感覚と言うやつかもしれない。自分とは物語の”ルールの捉え方”が違うって言う感じもします。しかし、面白い。本当になんなんだろうなー。

とは言え、今回は多少は自分にも理解できると言うか、解釈のできたので忘れないうちに書いておくことする。と言っても、やっぱり良く分かってないんだけど…などと言い訳をつらねても仕方が無いな。見切り発車でゴー。

正直、最初から作者らしさがノンストップで目が回りました。最初はとあるヨーロッパ風異世界において”敵”の攻撃にさらされている人類と”敵”の種族の命運を書けた戦いが描かれるのかと思われました。その中で、魔人を召喚することの出来る主人公の少女が、ああ、その力で戦っていくのだなと。ところが、主人公のピンチに陥って、そこに登場してきた魔人が…あれ?と。いや、別に何が出てきても驚くつもりはなかったんですよ。この手のパターンはわりと使い古されているので、カエルが出ようが美形が出ようが、うん、まああるよねと予測していました。ところが…その…出てきたのがどう考えても現代の女子高生(ネタバレ)でして…。いや、それ自体は驚かなかった。驚かなかったんだけど、あれ?なんか変だぞ、と思い始めてきたんです。読み始めていくうちにその違和感は予感へ、そして確信に。これ…異世界ファンタジーものじゃなくて…『ゼロの使い魔』のルイズ視点(百合バージョン)じゃねえか!完全に、異世界の少女同士のコミュニケーションドラマになってる!!正直、まさかジャンルで罠を仕掛けてくるとは思わなかったのでびっくりしました。

しかし、驚きはまだまだそれどころでは収まらなかったのです…。二人の戦いは続き、いかにもライトノベル的なバトル(しかし、微妙に常道を外している)が続くのですが、”敵”の正体が明らかになり、お、物語の落としどころが見つかってきたかな、と思ったところで場面が暗転。突然江戸時代(たぶん)が始まったときには混乱を通り越して惑乱しました。ちょ、ちょっと!これが物語にきちんと繋がるんだろうな!?と不安になったところで、最後の一撃!何が起こったのかはちょっと説明しにくい。いや、別に意外な展開と言うわけじゃないんだぜ。ああ、良くあるパターン。それがプロローグだったらね!このあたりに至っては、すでに惑乱を通り越して呆然としておりました。た、確かに先ほどの描写に繋げるにはそれしかないわけだが…それが最初の話とちゃんと繋がるんだろうなあ!?

物語の”ジャンル”が二転三転四転ぐらいでひねりまで加えた展開。超展開なんて生温いぜ。物語の基本や常道をまったく無視して、奔放かつ大胆に展開させ、ノンストップノンブレーキで物語にさらなるドライブをかけていく。”物語の構成でテンションを語る”と言うかなりすごいことをやっているような気がする。文体とか個々の物語そのものは、わりと少女小説的なんですけどねー。そうしたものを超越したものを感じました。

果たして、最後の展開は一体何を意味しているのか…。サルタ・マギーマルタ・サギーシリーズの展開を踏まえると…ひょっとしてこの巻はまるごとプロローグだったとか(ようやく物語の舞台に上がったとか)じゃあないだろうな…。だとしたら、一巻でわりと丹念に描かれた世界観はなんだったのか…。あれまるごとダミーとかそんなんか…。だとしたら…絶句…。

と言うのが自分の読んだ時の感想でした。うん、見切り発車で書いてみたけど、やっぱり支離滅裂になってしまいました。まことに申し訳ないですが、これが自分の精一杯。僕にはまだまだこの物語を理解するにはくんふーが足りない模様です。しかし、そんなへっぽこな自分ですが、それでもなぜか面白い。これは先ほども書きましたが、物語の構成自体が大胆でパワフルだからです。物語そのものに、得体の知れない魅力を感じました。およそ、自分の領域外の作品ですが、それでもすごいことはわかる。これはそういう作品だと、自分はしみじみを思うのでした。

|

« 『ミスマルカ興国物語VII』 | トップページ | 『アップルジャック(2)Pousse‐caf´e』 »

コメント

どうもです。毎度興味深く読ませていただいております。
どうでもいいことなのですが、「マ」ルタ・「サ」ギーシリーズではありませんでしたっけ?

投稿: ぺんでゅらむ | 2010.07.12 21:01

その通りです…。なぜか最初にこれでインプットしてしまったので、いつまで経っても間違えてしまいます。

ありがとうございました。

投稿: 吉兆 | 2010.07.12 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/48846334

この記事へのトラックバック一覧です: 『天使から百年 魔人と主人と廃棄物』:

« 『ミスマルカ興国物語VII』 | トップページ | 『アップルジャック(2)Pousse‐caf´e』 »