« 最近のラノベとこれからのラノベについて雑感 | トップページ | 買ったもの »

2010.06.08

5月に読んだ本

5月から6月(つまり現在)まで、とにかく体調が悪くて、インプットはできてもアウトプットが全然出来なかった。うーん、7月くらいまではいろいろと復調は難しいかなあ。

5月の読書メーター
読んだ本の数:68冊
読んだページ数:14315ページ

アイアムアヒーロー 3 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 3 (ビッグコミックス)
異常事態を前に必死で日常を繰り返そうとする主人公がリアル。そしてヒーローになれるか。
読了日:05月31日 著者:花沢 健吾
ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫)
さあ、ハーレム構築の始まりだぜ!委員長の台詞からするとわりと作者はわりと自覚的にやっているみたい。
読了日:05月31日 著者:庵田 定夏
くあっどぴゅあ (ファミ通文庫)くあっどぴゅあ (ファミ通文庫)
キャラ描写がいらんと思ったラノベは久しぶり。無ければストイックな青春SFの佳作だったんだけど。
読了日:05月31日 著者:木本 雅彦
ミスマルカ興国物語 VII (角川スニーカー文庫)ミスマルカ興国物語 VII (角川スニーカー文庫)
物語の要請で突然キャラが激変する、っていうのこの作者好きよね。まさか一冊に二回もやるとは。
読了日:05月31日 著者:林 トモアキ
バガボンド(33) (モーニングKC)バガボンド(33) (モーニングKC)
いつまで経っても悟れぬ武蔵。天衣無縫な小次郎とは真逆の存在だよな。
読了日:05月31日 著者:井上 雄彦
東京レイヴンズ1  SHAMAN*CLAN (富士見ファンタジア文庫)東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN (富士見ファンタジア文庫)
タイトルの意味がさっぱりだが、長期刊行前提なのだろうし、話が動き出すのを気長に待ちたい。
読了日:05月31日 著者:あざの 耕平
護樹騎士団物語 幼年学校編Ⅱ ビアンは大嫌い護樹騎士団物語 幼年学校編Ⅱ ビアンは大嫌い
打てば響く、にはほど遠いコミュニケーションの拙さがリアルだなあ、と思いました。
読了日:05月31日 著者:水月 郁見
Landreaall 16 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall 16 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
DXの、ある意味幼く理想的なバランス感覚になぜか泣けてしまう。これほどに綺麗なものが存在するなんて。
読了日:05月27日 著者:おがき ちか
電撃4コマ コレクション 放課後プレイ2 (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 127-2)電撃4コマ コレクション 放課後プレイ2 (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 127-2)
超けしからん!一般ゲー雑誌でこんなエロい漫画を載せるなんて!もっとやってください。
読了日:05月27日 著者:黒咲練導
魔乳秘剣帖(5) (TECHGIAN STYLE)魔乳秘剣帖(5) (TECHGIAN STYLE)
表紙の桜花さんだが、彼女が女物の服を着ているとそれだけで吹く。申し訳ない。
読了日:05月26日 著者:山田 秀樹
ブレイク ブレイド 8 (Flex Comix)ブレイク ブレイド 8 (Flex Comix)
ジルグが何を考えているのかさっぱり分からんまま退場してしまった。これは、どうなんだろう・・・。
読了日:05月26日 著者:吉永 裕ノ介
さよならペンギン (ハヤカワ文庫 JA オ 9-1) (ハヤカワ文庫JA)さよならペンギン (ハヤカワ文庫 JA オ 9-1) (ハヤカワ文庫JA)
最後にバトルはいらなかったんじゃないか・・・?と思ったぐらいリリカルかつ真面目なSF。
読了日:05月26日 著者:大西 科学
無限の住人(26) (アフタヌーンKC)無限の住人(26) (アフタヌーンKC)
昔とは漫画のジャンルが全然違うけど今の展開はすげー面白い。楽しい。
読了日:05月26日 著者:沙村 広明
ヒストリエ(6) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(6) (アフタヌーンKC)
ヘファイスティオンがこういう扱いをされるのか・・・。今後、歴史通りに進むにしても物語に予断は許されんな。
読了日:05月26日 著者:岩明 均
ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 7 (チャンピオンREDコミックス)ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 7 (チャンピオンREDコミックス)
戴宗の扱いがヒデエ。まあ一作品に若本は二人もいらぬっ!と言うことかもしれない。
読了日:05月26日 著者:横山 光輝,今川 泰宏
天使から百年  魔人と主人と廃棄物 (富士見ファンタジア文庫)天使から百年 魔人と主人と廃棄物 (富士見ファンタジア文庫)
物語のドライブ感がすげえ・・・。この一冊の間にラノベジャンルを3つぐらい横断しているよね。
読了日:05月26日 著者:野梨原 花南
スキュラ・ダークリー ( む 1-4)スキュラ・ダークリー ( む 1-4)
何がやりたいのかさっぱりわからんが、この作者にはむしろ良くあること。分からなさを楽しんでいる。
読了日:05月26日 著者:六塚 光
神さまのいない日曜日II (富士見ファンタジア文庫)神さまのいない日曜日II (富士見ファンタジア文庫)
異常が異常と認識されなくなった世界で、「正常であること」とはなんなのか、と言う話。
読了日:05月26日 著者:入江 君人
ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック (ガガガ文庫)ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック (ガガガ文庫)
ファンタジー世界で特殊部隊とかさすが。ヒロインが希薄過ぎるのは、作者は書きたいことに素直すぎるな。
読了日:05月19日 著者:深見 真
ハチワンダイバー 15 (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 15 (ヤングジャンプコミックス)
アクションシーンなんて刺身のツマぐらいしかないのに、まるでジェットコースターに乗っているかのような圧力っ・・・!
読了日:05月19日 著者:柴田 ヨクサル
惑星のさみだれ 9 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 9 (ヤングキングコミックス)
うっひょー!って感じ。他に言うべきことなんてねーよ。
読了日:05月19日 著者:水上 悟志
GANTZ 28 (ヤングジャンプコミックス)GANTZ 28 (ヤングジャンプコミックス)
レイカのエゴで生まれたもう一人の玄野だが、これが人類反撃の切り札になったりするのだろーか。
読了日:05月19日 著者:奥 浩哉
ヨルムンガンド 8 (サンデーGXコミックス)ヨルムンガンド 8 (サンデーGXコミックス)
カレン元中尉がそれなりに楽しそうに過ごしているのがわかってすげー嬉しかった。そうだよね、人間、そんな簡単には終わらないよね。
読了日:05月19日 著者:高橋 慶太郎
はじめてのあく 5 (少年サンデーコミックス)はじめてのあく 5 (少年サンデーコミックス)
初々しいカップルの観察漫画であると喝破してからは実に面白く読めている。
読了日:05月19日 著者:藤木 俊
結界師 29 (少年サンデーコミックス)結界師 29 (少年サンデーコミックス)
お母さん登場シーンに戦慄した。緊迫感が「まったく無かった」ために。決定的な「何か」がさりげない素振りで過ぎ去っていく・・・っ!
読了日:05月19日 著者:田辺 イエロウ
月光条例 9 (少年サンデーコミックス)月光条例 9 (少年サンデーコミックス)
正直作者が何を見据えているのか良く分からんのだが、確かに面白い、ような気がする・・・。
読了日:05月19日 著者:藤田 和日郎
史上最強の弟子ケンイチ 38 (少年サンデーコミックス)史上最強の弟子ケンイチ 38 (少年サンデーコミックス)
38巻にもなろうとしているのに、未だキャラに成長が見られるところは実にベネ。なっつんカッケー。
読了日:05月19日 著者:松江名 俊
星の舞台からみてる (ハヤカワ文庫 JA キ 7-1) (ハヤカワ文庫JA)星の舞台からみてる (ハヤカワ文庫 JA キ 7-1) (ハヤカワ文庫JA)
現代におけるニューロマンサーと言った風情。現実の延長線にありながらその先を見せてくれるナイスSF。
読了日:05月18日 著者:木本 雅彦
ジョン&マリー ふたりは賞金稼ぎ (ハヤカワ文庫JA)ジョン&マリー ふたりは賞金稼ぎ (ハヤカワ文庫JA)
明るく楽しく健全なお話。健全に過ぎるのが長所であり欠点でありますなあ。
読了日:05月18日 著者:桝田 省治
マイナークラブハウスは混線状態―minor club house〈3〉 (ポプラ文庫ピュアフル)マイナークラブハウスは混線状態―minor club house〈3〉 (ポプラ文庫ピュアフル)
優しくして欲しいわけじゃない。受け入れて欲しいわけでもない。ただそこにいることを当たり前だと思ってくれるだけでいい。
読了日:05月16日 著者:木地 雅映子
マイナークラブハウスの森林生活―minor club house〈2〉 (ピュアフル文庫)マイナークラブハウスの森林生活―minor club house〈2〉 (ピュアフル文庫)
他者と異なることを”異常”ではなく受け入れてくれる人のなんと稀有なることか。
読了日:05月16日 著者:木地 雅映子
マイナークラブハウスへようこそ!―minor club house〈1〉 (ピュアフル文庫)マイナークラブハウスへようこそ!―minor club house〈1〉 (ピュアフル文庫)
「悦楽の園」における革命の芽が大切に育てられているような。そんな話です。
読了日:05月16日 著者:木地 雅映子
DVD付き初回限定版 魔法先生ネギま! 第30巻DVD付き初回限定版 魔法先生ネギま! 第30巻
なんか少年漫画とかそういうレベルのものではなくなっているんだが。一巻まるごと政治の話しかしてねえ。
読了日:05月16日 著者:赤松 健
つぐもも(4)  (アクションコミックス)つぐもも(4) (アクションコミックス)
すなおさんの理屈が一個も「通ってない」のがすげえ。ディスコミュの極致。
読了日:05月16日 著者:浜田 よしかづ
闇狩り師キマイラ天龍変 2 (リュウコミックス)闇狩り師キマイラ天龍変 2 (リュウコミックス)
「キマイラ」を漫画にするという困難に真正面から立ちふさがった作者に賞賛を。
読了日:05月16日 著者:夢枕 獏,伊藤 勢
ブロッケンブラッド5 (ヤングキングコミックス)ブロッケンブラッド5 (ヤングキングコミックス)
ホントにクソ面白れえとしか言いようがねーな。真剣に頭が悪いのがすげーぜ。
読了日:05月16日 著者:塩野 干支郎次
ありすとBOBO2 -下町決戦兵器マスラオ- (GA文庫)ありすとBOBO2 -下町決戦兵器マスラオ- (GA文庫)
中小、下請けの悲哀と、それでもなお立ち上るプライドを描いた傑作ラノベ・・・かもしれない。
読了日:05月16日 著者:川崎 康宏
シャギードッグV 虹の幕間 (GA文庫)シャギードッグV 虹の幕間 (GA文庫)
作者が趣味に走った感あり。趣味に走れるほどに安定していると思えばファンとしては嬉しい限りだ。
読了日:05月16日 著者:七尾 あきら
悦楽の園〈下〉 (ポプラ文庫ピュアフル)悦楽の園〈下〉 (ポプラ文庫ピュアフル)
一言で言えばこれは僕のための物語だ。「外れること」しか出来なかった過去の、そして今の僕のためのものだ。
読了日:05月16日 著者:木地 雅映子
悦楽の園〈上〉 (ポプラ文庫ピュアフル)悦楽の園〈上〉 (ポプラ文庫ピュアフル)
本には読む時期と言うものがある。今この時、この本を読めたことを感謝する。
読了日:05月16日 著者:木地 雅映子
暗き夢に閉ざされた街―光と闇の旅人〈1〉 (ポプラ文庫ピュアフル)暗き夢に閉ざされた街―光と闇の旅人〈1〉 (ポプラ文庫ピュアフル)
やべえ。あさの先生の少女についての話は全然わかんないぞ・・・っ?ど、どこを取っ掛かりにすればいいの?
読了日:05月12日 著者:あさの あつこ
ケルベロス 1 (少年チャンピオン・コミックス)ケルベロス 1 (少年チャンピオン・コミックス)
最初に設定した最終目標が一巻にして崩れ去るあたりがまさに現代伝奇。
読了日:05月12日 著者:フクイ タクミ
七花、時跳び!―Time‐Travel at the After School (電撃文庫)七花、時跳び!―Time‐Travel at the After School (電撃文庫)
SF的な定義が主人公の成長とリンクしているあたりが良きジュブナイル。
読了日:05月12日 著者:久住 四季
俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)
これまた魔王と勇者の話なんだけど。あれだな、やっぱ二元論相対化は今の流行なんじゃねえか?
読了日:05月12日 著者:哀川 譲
神様のメモ帳〈5〉 (電撃文庫)神様のメモ帳〈5〉 (電撃文庫)
ふーん?ふんふんふん。ほほう。あー。と言う感じに読んだ。作者は本当に軽薄な作品を書くなー(良い意味で)。
読了日:05月12日 著者:杉井 光
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈6〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈6〉 (電撃文庫)
ロリキャラにタバコネタとか、やたらとアグレッシブよねこの作品。今に始まった話じゃないが。
読了日:05月12日 著者:伏見 つかさ
いちばんうしろの大魔王ACT9 (HJ文庫)いちばんうしろの大魔王ACT9 (HJ文庫)
ううむ。わずかに「丘を越えるもの」の描写が出てきたような気もするが、また日常に回帰しちゃうのかよ。
読了日:05月12日 著者:水城正太郎
いちばんうしろの大魔王ACT8 (HJ文庫)いちばんうしろの大魔王ACT8 (HJ文庫)
ここで第一部の反復来た。そして第一部のテーマを超えられるかどうかでこの作品の真価が問われる。
読了日:05月12日 著者:水城 正太郎
いちばんうしろの大魔王ACT7 (HJ文庫)いちばんうしろの大魔王ACT7 (HJ文庫)
うーむ、面白いが第一部のテーマがどこにもなくて、ちょっと拍子抜け。
読了日:05月12日 著者:水城 正太郎
いちばんうしろの大魔王ACT6 (HJ文庫)いちばんうしろの大魔王ACT6 (HJ文庫)
第二部開始の幕間。ケーナと言うキャラの使い方は嫌いだな。
読了日:05月12日 著者:水城 正太郎
いちばんうしろの大魔王ACT5 (HJ文庫)いちばんうしろの大魔王ACT5 (HJ文庫)
おお?これはすげえな。人間と社会はある物語を共有し、共犯にある。それを魔王が打ち砕くってか。
読了日:05月12日 著者:水城 正太郎
いちばんうしろの大魔王ACT4 (HJ文庫)いちばんうしろの大魔王ACT4 (HJ文庫)
なんかこのあたりから本気で感心し始めてきた。救世主と魔王の共通点は反社会性ですよね。
読了日:05月12日 著者:水城 正太郎
いちばんうしろの大魔王 ACT.3 (HJ文庫)いちばんうしろの大魔王 ACT.3 (HJ文庫)
魔王と勇者の話になるんだな。まおゆうの前にちゃんとこういう作品があったんだね。
読了日:05月12日 著者:水城 正太郎
いちばんうしろの大魔王ACT2 (HJ文庫)いちばんうしろの大魔王ACT2 (HJ文庫)
なるほどこういう話だったのか。アニメではいまいちわからんかった(描写を省きすぎだ)。
読了日:05月12日 著者:水城 正太郎
いちばんうしろの大魔王 (HJ文庫)いちばんうしろの大魔王 (HJ文庫)
アニメを観た後に読むと主人公のキャラが全然違っていてびっくりしました。
読了日:05月12日 著者:水城 正太郎
ジンキ・エクステンド ~リレイション~ 2 (ドラゴンコミックスエイジ つ 1-2-2)ジンキ・エクステンド ~リレイション~ 2 (ドラゴンコミックスエイジ つ 1-2-2)
なんで綱島先生はこう無駄に話が分かり難いんだ。エクステンドで懲りなかったのか。あるいはリベンジか。
読了日:05月12日 著者:綱島 志朗
少女素数 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)少女素数 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
うおーすげー。純度たけー。透明度たけー。って感じ。
読了日:05月12日 著者:長月 みそか
バクマン。 8 (ジャンプコミックス)バクマン。 8 (ジャンプコミックス)
この主人公たちが支持されているのは、己のエゴで社会と向き合っている感じがあるからんだろうな。
読了日:05月12日 著者:小畑 健
狼の口 ヴォルフスムント 1巻 (BEAM COMIX)狼の口 ヴォルフスムント 1巻 (BEAM COMIX)
すごく面白い。白土三平を読んだ時の躍動感とともにある荒涼とした感覚を思い出した。
読了日:05月05日 著者:久慈光久
空色パンデミック2 (ファミ通文庫)空色パンデミック2 (ファミ通文庫)
またしても驚愕。セカイ系にはまだ「先」があるのか!主観と客観と言う天秤さえ壊し始めた作者に全俺が震撼。
読了日:05月03日 著者:本田 誠
GUNSLINGER GIRL 12 (電撃コミックス)GUNSLINGER GIRL 12 (電撃コミックス)
憎しみと罪悪感と贖罪意識と同情と自己憐憫が入り混じる兄弟の相克がなんともすごい。
読了日:05月03日 著者:相田 裕
それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス)
じわじわ来る。ふっと切り出される想いの表現に不意を打たれる。アニメはどうなるのかねえ。
読了日:05月03日 著者:石黒 正数
銀魂-ぎんたま- 34 (ジャンプコミックス)銀魂-ぎんたま- 34 (ジャンプコミックス)
今までシリアス話は浪花節がやや鼻につくところがあったが、今回は素直に面白い。喪失をきちんと描いてくれるのは良いものだ。
読了日:05月03日 著者:空知 英秋
PSYREN-サイレン- 11 (ジャンプコミックス)PSYREN-サイレン- 11 (ジャンプコミックス)
ジャンプ漫画では半ば常識と化しているタイマンバトルにきちんとその状況に推移する構成と取っているのがえらい。
読了日:05月03日 著者:岩代 俊明
マスター オブ エピック~戦禍の果実~ (HJ文庫)マスター オブ エピック~戦禍の果実~ (HJ文庫)
時間移動を扱った「ファンタジー」と言う面白い設定なのだが、今一つ活かし切れていないような。
読了日:05月03日 著者:鳥居羊
疾走する思春期のパラベラム みんな大好きな戦争 (ファミ通文庫)疾走する思春期のパラベラム みんな大好きな戦争 (ファミ通文庫)
悪趣味かつ露悪的な表現に乾いた笑い。一周回って半ば不条理ギャグと化している。
読了日:05月03日 著者:深見 真
“文学少女”と恋する挿話集3 (ファミ通文庫)“文学少女”と恋する挿話集3 (ファミ通文庫)
竹田さんが主人公な話をまだ書けそうな気もします。鞠谷さんの話はすっかり忘れていたのでやや混乱。
読了日:05月03日 著者:野村 美月
のだめカンタービレ(24) (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ(24) (講談社コミックスキス)
言われなければ番外編とは気がつかないほどにいつもののだめカンタービレ。出番の少なかった日本編キャラの救済措置みたいな。
読了日:05月03日 著者:二ノ宮 知子

読書メーター

|

« 最近のラノベとこれからのラノベについて雑感 | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/48571093

この記事へのトラックバック一覧です: 5月に読んだ本:

« 最近のラノベとこれからのラノベについて雑感 | トップページ | 買ったもの »