« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

2010.05.26

『グリモア―俺の脳内彼女日記』

51rshlp8jzl__sl500_aa300_

グリモア―俺の脳内彼女日記』(卑影ムラサキ with 企画屋/幻狼ファンタジアノベルス)を読んだ。

これは事前に予想していたよりも遥かに良く出来ていた。すいません、これは卑影氏を見くびってましたね。主人公が陥った出来事で読者の気持ちを掴んだあと、ヒロインのお約束な萌えキャラ的造型であざとくアピール、そして最後は主人公の行動で好感を持たせる。作品が足し算だけで出来ていて、引いているところが無いという贅沢な作品だった。まあ、足し算だけで出来ている作品にありがちなんだけど、少々品位に欠けるところがないでもない。読者に快楽を与えるためだけに作られた作品の、ジャンクな感じ。まあオレはジャンクフードも好きなんで、これはこれで悪くはないんだけどなー(なら言うなよ)(うるせえ!ツンデレなんだよ!)。

なんだかんだで主人公らしいところ見せる主人公には好感を持たずにはいられない。それゆえに最終的に迎える主人公のご都合空間にも一定の納得が得られるところはきちんと物語を設計している作品の強みではないだろうか。少なくとも自分はこの結末に納得したよ。ご都合に至る物語に、きちんと理屈が通っているところも良いと思うし。それまでに語られた並行世界のルールに則ってご都合が生み出されている。

あと思うのは、なんでこれエロゲーじゃねえんだ、ってことなんだが…(言っちゃったよ)。ここまでハーレムエンドだってのに、エロスなシーンが無いことがむしろ不自然すぎるというものですよ。SFとしては並行世界の理屈が無理矢理すぎるっつーか、クレバーじゃないんだけど、ギャルゲナイズされたエロゲだと思えば、むしろ佳作と言える作品なので、なんか納得がいかないのだが…。まあ訓練されたラノベリストならば、充分に萌え萌え出来る作品ではあるので、そのあたりは問題ないんですけどね。

|

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/48467828

この記事へのトラックバック一覧です: 『グリモア―俺の脳内彼女日記』:

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »