« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

2010.05.31

『ベン・トー 5.5 箸休め~燃えよ狼~』

51enr9uwrel__ss500_

ベン・トー 5.5 箸休め~燃えよ狼~』(アサウラ/スーパーダッシュ文庫)を読んだ。

ベン・トーシリーズの今回は番外編ですねー。全体的に非常にゆるい感じでありつまるところグダグダで、まさに箸休めにはぴったり。連作短編集みたいなつくりをしているけれども、各短編の繋がり方も非常にゆるく、そこらへんもベン・トーらしさのようなものを感じた。あと、本編のシリアスな部分だとどうしても物語に食い込めないあせびちゃんがわりとメインと言うかキーキャラと言うか賑やかしと言うか…あーまああんまりいつもと扱いは変わらない感じだけど、まあ出番が多くなっているのは、あせびファンには嬉しいところなのではないだろうか。需要がどれくらいあるのか知らないケド・・・(石を投げないで!やめて!)。

しかし、あせびさんは、そのキャラクター性、設定があまりにも強力すぎるので、中心に据えて物語を動かすと、すごい勢いでカオスになっていくのが良く分かりました。一番、まっとうにメインであった「鳥になった男だち」については、あせびさんが登場したことによって物語がひどい方向に向かってしまい、最終的に誰も幸せになれないと言う空前のバッドエンドに向かってしまうのでした。お祭り回とは言え、他にもいろいろなキャラが出てきているのに、すべて影が薄くなってしまうあたり、あせびさんのキャラつえーなー。

「首無しの白き巨人」とか、これはヒドイ、とか思った。まあキャラ全員コンバートでファンタジーをやりたいって言うのはわりと良くある欲望の形だとは思うんだけど、ここまで素直にやるなんて・・・と感心。内容は普通に面白い(ギャグではない)ファンタジーだったよ。ギャグではなく真面目にこういうのをやるということそのものがギャグですよな。続きを読みたくなっちまったじゃねーか。

あとはまあ、イマイチ本編だと何を考えているのかわからん白粉の日常のフォローとか、佐藤と奢我の関係とか、関係性が描き出されていて楽しいですね。つーか、佐藤と奢我の関係はプッシュされすぎだろ。恋人よりも親密で、家族と言うには緊張感のある、不思議な関係で、今回、槍水先輩の出番があまり多くなかったもので、もはや奢我がもう一人の主人公みたいな扱いになっているような気もしますな。しかし、あんまりヒロインと言う印象がないのは興味深いところです。

グダグダな感想ですが、まあそんな感じー。

|

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/48510876

この記事へのトラックバック一覧です: 『ベン・トー 5.5 箸休め~燃えよ狼~』:

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »