« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

2010.02.01

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(5)』

51kwzlqhcwl__ss500_

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(5)』(伏見つかさ/電撃文庫)を読んだんだ。

黒猫ルート!とか新キャラ登場!とかラストに予想外の展開が!とかまあいろいろあるんだけど、とりあえず黒猫がとてもよろしいです。毎回、わりと京介兄貴と距離を縮めていた黒猫さんだけど、今回はついに京介の後輩と言う立場を得て、ますますキャラが輝いています。主に京介兄貴に対して。京介さんは後輩という大義名分を得て堂々と世話を焼けることがたいそう嬉しかったようで、いろいろかまえて楽しそうですね。このあたり、心理描写を抑制する作者の筆致もあって、とても良かったと思います。

ところで、今”心理描写が抑制されている”と書きましたけど、自分はこの作品の特徴の一つだと思っているんですよね。なんと言うか非常にほのめかしが多い。とくに京介を初めとする登場人物たちの心理描写が少ない…ってのはちょっと違うかな。心理描写はあるんだけど、それがどうとでも取れる描写をするので解釈は読者に任せられている。まあこのシリーズは京介の一人称なので、京介の心理描写はある程度わかるんですが…他のヒロインズたちが何を考えているのかについては、この作品は慎重に押し隠しているように思います。

顕著なのが黒猫で、黒猫の考えていることは徹頭徹尾”わからん”。わかるのは、黒猫の行動だけなんですね。京介が話しかけても、それなりに受け答えする場合もあれば、不機嫌に攻撃的になっているときもある。で、この作品において、彼女の心理描写を断定しない、すなわち正解を与えてくれないというところが興味深く思います。黒猫がある場面でなにを感じていたのか、何を考えていたのか。麻奈実の質問にはどういう意味があったのか。この作品は決して読者に回答を与えてくれません。

例えば、クライマックスの黒猫の行為は想像できる範囲が広すぎて自分には把握しきれません。おそらく、本来は京介に対して改めてお礼を言うとともに、何がしかの”覚悟”を決めていたような雰囲気を感じたけど、どんな覚悟なのかはわからんしなあ。果たして告白までいくつもりだったのか?それとももうちょっと淡いしろものなのか?あるいは”兄”に対する親愛のようなものだったのか?まあ可能性としては絞り込めそうだけど、正解は無いっぽい。

じゃあどうすれば良いのか?と言うと…あとは読者が勝手に判断すれば良いということなります。絶妙に描写されない心理に対して、読者は好き勝手にラベルをはることが出来ます。黒猫と京介の恋愛フラグだと思う人にはそのように解釈できるし、桐乃との実妹エンドを希望する人はそのように解釈すればよい。説明されて無いからいくらでも解釈が出来る。つまり普遍性の獲得です。読者一人一人の”俺妹”ストーリーを構築させることを許す曖昧さを作る手際に作者の極めて高度な手腕を感じますね。優れたキャラ小説の定義はいろいろあると思いますが、感情移入をさせるキャラ立てと言うものがありますが、この作品はそれが異常なまでに上手いんですね。それだけでもこの作品は称えられるべきだと思います。

ただ、この心理描写に乏しいあたりは別の意味もありそうな気もするんですが。と言うのは、これ、つまりは”人間は他者を本質的に理解することは出来ない”と言う認識だと思うんです。相手の気持ちをテレパシー的に把握することは出来ず、もし相手の内面を知りたければ、強引な手を使ってでも相手に”言葉”を引き出す必要がある。そこから推測し、予測する。そうして相手を理解しようと試みる。それをしなくては人間は相手を理解することなど出来ないという冷静な認識が、この作品を支配しているように思います。事実、京介は作中で何度も対話をしようとして、その上で相手の行動を”解釈”しようと試みている。その結果としていろいろバタバタしたり、仲違いしたりしているわけですが、最終的に”お互いを理解しようと試み”たこと自体をよすがとして、関係性は構築される。でも、それが本当に相手を理解できたわけではなくて、ただ理解しようとしたことを信じるのみであるという認識を感じます。

このあたり、この作品には”分かり合えないことへの絶望”が前提としてあり、その上でわかりあいたいと思う願い”を実現しようと足掻く物語になっていて、非常に美しい作品になっていると思うんです(まあ考えすぎかもしれないけどね)。

|

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/47443713

この記事へのトラックバック一覧です: 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(5)』:

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »