« 『ミスマルカ興国物語(6)』読了 | トップページ | 『Le;0(2)―灰とリヴァイアサン』読了 »

2010.01.13

『ほうかごのロケッティア』読了

51twrcbjl__ss500_

ほうかごのロケッティア』(大樹連司/ガガガ文庫)読了。

なんつうか、いい話だなあ…以外の感想が出てこなくて困る。いや語るべきところはいろいろあるんだけどね。邪気眼にスクールカーストをプラスして、ロケット物の皮で来るんだこの作品の着眼点はすごいな、と思います。邪気眼もスクールカーストもロケット物もそれぞれ手垢にまみれた題材ではあるんですが、それぞれがきちんとキャラクターの動機に結びついている。主人公がスクールカーストの調整役をやっているのは、過去の自分における邪気眼の痛々しさからの過剰適応だろうし、ヒロインが邪気眼になっているのは過去の主人公の邪気眼の派生だし、ロケットは主人公とヒロインを結びつけ、前に進むためのガジェットなんだけど、まあこんな風に語ることに大した意味があるとは思えないんだよな(なら書くなよ)。なんかそれは重要じゃない気がするんだ。

じゃあ何が重要なんだろうって言うと…やっぱり、シュタゲに出てきてもおかしくないような電波ヒロインが可愛いなあとか、最初は義務でヒロインに関わり、成り行きでロケットを飛ばすことになった主人公が、少しずつ自分の現在の生き方から外れてロケットに対する強い感情も持つに至る過程が素晴らしいとか、まあそういう細かいところなんだろうと思う。一つ一つは丁寧ではあるが、ぶっちゃけそれほどダイナミックな展開はない、ように見える。けれども、物語前半で主人公たちの過去を丁寧に描き、そのしがらみや苦しみを描ききっているからこそ、クライマックスにおけるすべてを振り捨てて突破して行く展開に感動してしまうんだよな。ロケットと言うのは、やっぱり”突破”のイメージがあって、それに感情をゆだねることでカタルシスが生まれる。まあ冷静に考えて作中で翠も言っているように(この子もまあ面倒くさい女の子だよな。そこがいいんだけど)そんなカタルシスには意味なんて無いただの自己満足に過ぎないんだけど、でもそうやって気持ちを傾けて、自分に満足したことそれ自体の事実だけを得る、と言うのもまったくロマン溢れることだなあ、と思いました。

あー。あと、この作品、過去のロケット物(宇宙物)についての数多くの引用で成り立っている作品でもある。けっこう重要なところも引用で通しているところもあって、ほとんどパッチワーク的とさえ言える。まあでも、その事実はまったくこの作品の価値を貶めるものではない。引用から始まり、しかし、そこから生まれた物語は間違いなくオリジナルなものだから。引用の中から、作者オリジナルなものが間違いなく立ち現れている。手垢のついた題材を、瑞々しく生まれ変わらせた作者の手腕は評価されるべきだと思います。

|

« 『ミスマルカ興国物語(6)』読了 | トップページ | 『Le;0(2)―灰とリヴァイアサン』読了 »

コメント

パロディが多すぎてげんなりしたのを除けば、ほぼ満足の出来。っていうかロケット物も古典はたくさんあるんですか。ほとんど読んだことないなあ。

次回作出すなら、今度はパロディ無しのを読んでみたいですね。

投稿: 暗黒 | 2010.01.19 19:25

自分は気にならなかったんですけどね。引用部分。まあこのあたり先行作品に対する敬意ととるかどうかで印象も変わってくるのかもしれません。

投稿: 吉兆 | 2010.01.19 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/47265499

この記事へのトラックバック一覧です: 『ほうかごのロケッティア』読了:

« 『ミスマルカ興国物語(6)』読了 | トップページ | 『Le;0(2)―灰とリヴァイアサン』読了 »