« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

2010.01.23

『芙蓉千里』読了

513ivoq3yl__sx230_

芙蓉千里 』(須賀しのぶ/角川書店)読了。

少女大河ロマン、だよなあ。他になんとも言いようがない。波乱と動乱の時代に生きる少女が持ち前のバイタイリティで運命を切り開いていく、と書くとわかるように流血女神伝の変奏曲ですね。こじつけなのはわかっているけど、主人公が女郎となって生き抜こうと決意するあたりも砂の覇王編を思わせるし、そんな生臭い設定を持ち込みながらどこか凛々しくも清らかな(悪い言い方をすれば生活臭のない)ストーリーテリングなど、流血女神伝を思い起こさせる部分があって興味深かった。自分は流血女神伝から入った須賀しのぶ読者なので、一番イメージに近い須賀しのぶと言う感じだ。

内容も勿論事前の期待に違わぬもの。元気で前向きな少女の激動の少女期を、波乱万丈に描いている作品で、大変にダイナミックである。満州の女郎屋が舞台というものの、ドロドロとした女の愛憎と言うものは慎重に取り除かれ、非常に明るく、前向きなイメージになっているのも作者らしい。ただ流血女神伝と違うのは、舞台が女郎屋のみで固定されているので、世界は激動しているんだけど、少女にはそれはうっすらとしか届いてこないという感覚かな。流血女神伝は女神と言う超越的存在があったために直接世界とつながっている感じがあったけど、こちらには無い。まあ世界観が違うといえばそれまでだけど、それゆえに大きな流れに身を任せるしかない人間としての悲しさが表に出ているような気もする。運命を切り開くって簡単に言うけど、そんなの簡単じゃないよねーって感じ。まあ一般小説っぽいね。

ただ、多くのしがらみの中で、それでも前向きに頑張ろうとする主人公は明るいので、ドロドロとした話にはならないのが特徴かも。途中で先輩の女郎が自殺したりなんやかんやあって、いろいろ大変な展開になったりもするのだけど、主人公がその重たい空気を吹き飛ばしていくというあたりは定番とはいえ気持ちが良いですね。

個人的にはちと主人公が無謬すぎるような気がしてしまうのが惜しいところだと思っているんだけど(ヒロインが芸妓になって結局”汚れない”あたりなど、ヒロインにすごく都合がいい展開がある。)、まあそれは欠点ではないんだろうなー。そもそもが少女のロマンス大河小説なんだし。むしろどこまでも清涼感のあるストーリーテリングを評価するべきだろう(まあ物語設定から僕が事前に想像していたのとは違っていたわけだが…)。

この巻で第一部ということだけど、これから世界情勢はどんどん暗雲が立ち込めていくことになるんだろう。少女から脱して女性にさしかかる主人公がどのような物語が紡がれるのか楽しみにしたい。

|

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/47355296

この記事へのトラックバック一覧です: 『芙蓉千里』読了:

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »