« 買ったもの | トップページ | 『まよチキ!』読了 »

2009.12.01

『ゴミ箱から失礼いたします』読了

51ly0yrpil__ss500_

ゴミ箱から失礼いたします』(岩波零/MF文庫J)読了。

MF文庫ライトノベル大賞の優秀賞受賞作らしいです。まあ手堅いっちゃあ手堅いのかなあ。コメディと言われればコメディのような、まあラノベらしいジャンル不定の作品です。主人公がゴミ箱男になるシークエンスの意味不明さには見事なものがあって、一応、それが異常なことという認識があるのが不条理感をかもし出していたのが良かった。まあそんな主人公の前に美少女が現れて部活に誘うという展開事態は、もはや使い古されたという他ないちょっと不思議な学園ラブコメのパターンであり、またかよ…と言う印象を持つことは避けられなかった。このパターンはそろそろ脱してもいいんじゃないかなあ…。あと個人的には後半に主人公がなぜ妖怪化したのかについて理屈が付けられてしまったのはガッカリ。なんでわざわざそんなことを説明するんだろう?屁理屈でもやっつけでもとにかく理屈が通らないと納得しない読者がいるんだろうか?それって面白いのかなあ…。物語がすごく小さく感じられてしまったのが残念でした。冒頭はわりと好みだったんだけどね。まあ個人的な趣味には合わなかったけど(つーかどうも僕は学園ラブコメそのものにはあまり興味がないみたいだな。それを上回るインパクトがあれば別なんだけど)、コメディとしては水準ではあると思うので、悪くはないのではないでしょうか。

|

« 買ったもの | トップページ | 『まよチキ!』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/46901376

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゴミ箱から失礼いたします』読了:

« 買ったもの | トップページ | 『まよチキ!』読了 »