« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

2009.12.27

「2009年ベスト/ワーストアニメ」

「2009年ベスト/ワーストアニメ」企画に参加してみることにする。

なお、ベスト/ワーストの判断基準は、自分の感情を揺り動かした度合いによって判断した。肯定的なものをベスト、否定的なものをワーストとする。

「2009年ベストアニメ」
・「真マジンガー 衝撃!Z編」
あまりにもイマガワ作品でありつまるところ最高。最終回は投げっぱなしというにも生ぬるい驚愕の落とし方。これは原作がマジンガーZでありかつイマガワ作品であったから受け入れられるレベルであって、そうでなかったら放送事故に等しいと思う。つまり最高。

・「東のエデン」
これも見事な投げっぱなしエンド。映画についてはまだコメントできないけど、とにかくドラマとして高品質すぎる。アニメのレベルを一段上げたとさえ思うが、後続がいなさそう。つまり最高ってこった。

・「化物語」
断言してもいいが、しばらく化物語の二番煎じ作品が続くだろうね。そして当然のごとく全部失敗するであろうことも容易に想像できる。と言うかこんなアニメが主流になったらアニメ業界は滅ぶだろうな。頂点は常に一つ!

「2009年ワーストアニメ」
・「鋼殻のレギオス」
ふふ…アニメを観て頭痛がしてきたのなんて久しぶりだぜ…。原作の持つあらゆる要素をとっちらかして粉砕したある意味芸術的なラノベのアニメ化。アニメにするにあたって新基軸をやろうとして全部滑ったというのがすごい。

・「宇宙をかける少女」
オリジナルアニメとしてここまで出来るのか、と思った(悪い意味で)。キャラも物語もむちゃくちゃで、ある意味壮観。

・「バスカッシュ!」
前半だけ(10話くらいまで)なら傑作。前半に積み上げたものを華麗に無視していく展開には唖然とさせられた。最初がよかっただけに、最終回の脱力感は筆舌に尽くしがたいものがあった。

|

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

コメント

吉兆さんのワースト3作品、全部最後まで見てました(見てしまったと言うべきでしょうか)。レギオスはただ酷く、宇宙かけは記憶なく(脳が自動消去したみたいです)、バスカッシュはひたすら残念でした(途中まで前のめりで見ていただけに)。
最後まで視られていたら「シャングリ・ラ」もノミネートされていたのかも? なんて思いました。

投稿: isaki. | 2009.12.28 01:01

ワーストに上げた作品は、どうも製作者自身に自作に対する愛が感じられませんでした(バスカッシュの前半は違うけど)。観てて残念な気分になりました。

投稿: 吉兆 | 2009.12.28 19:42

レギオスは、朝倉大介を起用したり、宣伝がんばったりと、予算を結構かけてたと記憶してるのですけどね(笑)。三話であえなく撃沈しました。(そこと、最終話あたりだけ観た) 自分も、これをワーストアニメとして挙げます。

投稿: ub7637 | 2009.12.29 21:27

上げた3作品はどれも鳴り物入りで発表された末、あの結末と言うことでギャップもあるのかもしれませんね。その力の入れ方が空回っていたと言う印象があります。

投稿: 吉兆 | 2009.12.30 01:15

つい最近から、とある科学のレールガンを見てます。禁書目録をまだ読んでた頃からこっちのほうが面白いとよく聞いてはいたんですが。

アニメに関しては文句なしですね。小説化とかしてくれないかな。

投稿: 暗黒 | 2010.01.23 16:17

レールガンは原作に比べるのエンタメとしてわかりやすいので一般ウケするんでしょうね。

投稿: 吉兆 | 2010.01.24 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/47126643

この記事へのトラックバック一覧です: 「2009年ベスト/ワーストアニメ」:

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »