« 買ったもの | トップページ | 『Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)』について徒然…その2 »

2009.11.01

『少年テングサのしょっぱい呪文』読了

51skzont9tl__ss500_

少年テングサのしょっぱい呪文』(牧野修/電撃文庫)読了。

牧野修が電撃文庫に進出だ。なんだってー!と目が点になるほどの驚き。正直、牧野修の商業デビュー作である『王の眠る丘』から読んでいる自分としては、動揺の念を抑えることが出来なかった。だって、この人、たしかにジュヴナイルと言うか少年が主人公の作品をいくつか書いているけど、そのビルドゥンクスロマンとしては、常になにかが歪んでいる作品ばかりなんだもん。主人公が成長して悪を倒した、と思ったら残酷な未来が決定されていたとか、そんなんばっかり。この人、成長物語に対して悪意を抱いているんじゃないかと思うぐらいだ。もちろん、多彩な作品を書いている人なので、ホラーやSFホラーやファンタジーホラーとか(全部ホラーじゃねえか)さまざまな作品で描かれている悪意と奇想に満ちたグロテスクな世界に慣れ親しんでいる自分のような読者からすると、いかにもラノベなイラスト満載のこの作品の存在を知ったときを驚愕ぶりは本当に半端なものではなかった。天地が引っくり返るような、と言うのは大袈裟にしても、眩暈を覚えるほど驚いてしまった。本当に一体何が起こったんだろうな…。そんな先入観があったものだから、この本を実際に手に取った時も、正直、おそるおそるという感じだった。すめらぎ琥珀のイラストがまた酩酊感をかもし出すような気がしたので、どうしようかと思ったものだ。

結論から言うと完璧に杞憂だった。これは牧野修以外のなにものではない。それでいてライトノベルでもある。ライトノベルとはなにか、と言うと定義するだけでも論争で日が暮れそうなものなので深くは追求しないが、まあキャラクターが牧野修にしてはかなり極端に描かれているという点と、日常描写のバカ3人集の会話のくだらなさが楽しいという点が、自分の感じるライトノベルの感じにフィットする感じだった。まあとは言っても、一般的なライトノベルからするとキャラクターは実際にその辺にいそうな感じで地に足がついている描写だし、邪気眼的なキャラ設定とも無縁だ。まあ登場人物の名前はかなりヘンテコではあるが、これはある意味ライトノベル的にものに対するパロディの側面があり、主人公たちはそんなヘンテコな名前をつけた親に対して文句をぶーぶー言ったりする。同じように主人公には実は世界最強とも噂される邪神が取り付いているという設定があるんだけど、これまた中二設定に対するカウンターであり、この世界では邪神は法人格を有しており、邪神の依り代となっている主人公は、邪神法人の代表者として、法律と手続きに則った行動を制限されるというあたりのとぼけ方も絶妙だった。邪神の依り代になっているとは言え、主人公のテングサには何の力もなく、法的手続きによる申請によって、危機を切り抜けようとするあたりの展開のユーモアはさすがだなあと思った。一方で、牧野修のグロテスク面は大分マイルドになっている印象。いつもの牧野修だったら、1章のイジメのシーンなどさぞかし活き活きと描写したであろうと思うのだが、その辺はぼかしていた。まあラノベとしては当然かな…。

全体的に、邪神が実在する世界であっても、世界はとくに変わりようもなく、当たり前に過ぎていくと言う視点がシビアであるし、その上で、全編を通して流れるノスタルジックな雰囲気が作品を非常に優しいものにもしている(話は変わるが、この物語は主人公の回想と言う形で描かれているようだ。冒頭で、「あの頃の僕らの武器は無知だった」、と書かれていることからも明白だが、全編を通して愚かだがひた向きだった少年時代へのノスタルジーが作品を支配している)。世界は残酷だが、その残酷さを知らないまま生きることは幸福である、と言うような感覚。その意味では、これは読者対象は大人になった元少年、と言うコンセプトなのかもしれない。

物語上で起こっている出来事はかなりグロテスクだったり残酷だったりするのだけど、それに対して主人公たちがわりとのほほんとしているところがすごく良かった。趣味が悪くて(牧野修の真骨頂ですね)。世の中には残酷でグロテスクなことばかり起こるけど、そんなことにいちいちトラウマなんて負っていられるほど人生は暇じゃねーんだ、と言うふてぶてしさがいい。ラノベでは大抵悲惨な出来事が起こると登場人物たちの葛藤がくどいくらいに描写されたりするけど、自分はこれくらいの突き放した感じが好きだな。やっぱり自分も年を取ったなと思うのは、そういうベチョベチョした感情のもつれを描いても、世の中そんなもんになんの意味もないんだよなー(お前の悩みなどオレにはなんの価値もねえ)と言う認識があるからだろうね。

あと、細かいところで牧野修らしいネタ?と言うと語弊があるような気もするけど、いろいろあって楽しかった。邪神の仮想人格の存在定義を「物語られるためのもの」としているところがあって、ああ、牧野修の一連のテーマはここにも続いているのだなあと思った。あと、これはネタバレになるけど、これって基本的に商業デビュー作の『王の眠る丘』とテーマ、構造が似通っているよね。無知なる少年が世界を動かし、そして円環は完成する。まあこっちはあれより救いのある話ではあるけど。ラストの落とし方には正直胸が突かれる思いだった。どこか救いがあるような、何も救いがないような、そんな不思議な終わり方。感情の持って行き場がない、そんな感じ。テングサも同じような気持ちだったのかもしれないなあ…。彼の「呪文」はそんな自分に対する鼓舞なのか、罰なのか…なんともやりきれない感じがした。

備考。ネチカさんはすごくいいキャラでしたね。作品におけるグロ担当にして作者の好きなドSでマッチョだけど可愛い女性を体現してた。物語の主格ではないけれど(仮想人格だしな)、彼女(とゲスチエ)がいなかったらこの物語は成立しなかった。助演女優賞をあげたい。

備考2。続編読みたいなあ…。売り上げ次第なんだろうけど、(たぶん)厳しいと思われるので、なんとか売れて欲しいなあ…。

|

« 買ったもの | トップページ | 『Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)』について徒然…その2 »

コメント

この本を知らずに買った私は一行として理解する事が出来なかったが、対象読者はいわゆるバトロワとかひぐらしファン向けという事なんでしょうかね……
私はどっちかといえばストーリーのあるホラー物(ゴシカ、シックスセンス等)が好きなんですが……
ライトノベル全部をこんな意味不明な本だと思われたくないものです。

投稿: はじめました | 2009.12.12 09:16

おっしゃっていることがどうも良く分からないのですが、自分の好き嫌いを普遍的事実のように語るのは危うい書き方だと思いますよ。

投稿: 吉兆 | 2009.12.12 15:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/46646262

この記事へのトラックバック一覧です: 『少年テングサのしょっぱい呪文』読了:

« 買ったもの | トップページ | 『Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)』について徒然…その2 »