« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

2009.11.06

『うかつに復活!!邪神大沼(2)』読了

51sgxplail__ss500_

うかつに復活!!邪神大沼(2)』(川岸殴魚/ガガガ文庫)読了。

ニャル子さんに続いて現在のライトノベルには空前の邪神ブームが到来している!…かどうかは知らないしどうでもいいことですけど、相変わらず素晴らしいセンスをしてますねこの作者…。読んだ後に何一つあとに引くものがないけど、読んでいるときはとにかく楽しい。ギャグのセンスが素晴らしいんですね。真面目な顔と口調でしょうもないことを淡々と語り続けるような、ちょっと(いい意味で)おかしなセンスがある。その上で、意外と(すいません)ストーリーテリングも巧みで、主人公の大沼君の周囲で事件が起こって行くのだけど、事件の流れが非常にポップで軽快な印象もあり、その軽快さがキャラクターに良い意味での軽さを与えている。極端なキャラクター性と言うのはないけど、むしろ物語はポップ感を重視していると思われるので、おそらくこれがベターなのだろうなー。スピードを重視する物語には重いキャラクター性は邪魔になる。大沼が邪神であることは邪神であるからして邪神であるのだし、ナナはスターターキットであり、勇者は勇者であればよく、そこには葛藤は存在しない。と言うよりする必要がないんだよね。そんなものが存在しては物語の軽みが失われてしまうと言うことなんだろーなー。キャラクター性は潔く切り捨て、物語のポップ感のみを抽出したこの作品は実に見事な作品であると思った次第である。正直、一巻よりもさらに感心したもん。一巻ではまだ多少の説明的な部分が残ってたけど、今回はもう本当に説明的な部分を完全排除している感じ。ここまで徹底するとは(もう萌えとかほとんど意識してねーよなこの作者)まさしく天晴れと言うほかありませんね。出版したガガガ文庫も偉いよ。

|

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/46692565

この記事へのトラックバック一覧です: 『うかつに復活!!邪神大沼(2)』読了:

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »