« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

2009.11.17

『レンズと悪魔(12)魔神解放』読了

514t1a33wl__ss500_

レンズと悪魔(12)魔神解放』(六塚光/スニーカー文庫)読了。

レンズと悪魔シリーズ完結編。おー前巻を受けてスピーディに展開してくれると思ったけど、予想以上にシームレスな展開で良かった。登場人物たちも、八眼争覇の優勝者だけあって、魔神の持つ力をよく理解しているので駆け引きにも無駄が無い。無駄が無さ過ぎてご都合主義的な感じも受けないでもないけど(ベイゼルがあっさり脱落したのはクラヴリーを活躍させるためとしか思えないぞ)、まあ概ねアリかなー。いささか登場人物が多すぎる感じもあって、全員のキャラが立っているとは言えない感じではあるのだけど、ごちゃごちゃと多くの登場人物たちがそれぞれの意思で動き回るという展開は悪くないと思う。けど、作者の予想外にキャラの立った立たないが発生してしまったみたいで、群像劇としてはちょっとアンバランスかなー。言える事はとにかくクラヴリーとチキュウ空手師弟が目立ちすぎ!こいつらキャラが立ちすぎていて、全然負ける気がしねえ。バトルロイヤルとしては致命的なまでに不死身感があって、ちょっと世界観つーか物語から浮いている気がしたなー。主人公の方が存在力で負けているって状況はどうよーとか。いや、キャラクターが勝手動いて魅力的な活躍をしているんだと思いますが。まあそういうのも嫌いじゃないんだけどねー。ここだけの話、実はミカルにはちょっと萌えた。くやしいっ…中身はおっさんなのにっ…!まあともあれ最終的にめでたしめでたし…では全然終わってないよなあ?結局、物事の根本的解決にはなっていなくて、問題を先送りにしただけだと思うんだけど…まあそこまでやってしまってはさすがにリアリティが無さ過ぎかな(物語的な意味で)。このくらいで終わらせればいいのかもしれない。ま、もしかしたら未来編とかで続編が出るかもしれないしね!きちんと終わらせることが出来たみたいで良かったと思います(本当はどうかわからないけど)。お疲れ様でした。

…しかしファレナは絶対どこかで復活すると思ってたのに、完全にスルーだったか…。作者、ファレナは立場が中途半端だったから扱い方に困ったのかな…。

|

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/46789899

この記事へのトラックバック一覧です: 『レンズと悪魔(12)魔神解放』読了:

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »