« 2009/10放送開始アニメ(ファーストインプレッション)その3 | トップページ | 買ったもの »

2009.10.07

『桜木メルトの恋禁術』読了

51siwofmv7l__ss500_

桜木メルトの恋禁術』(森田季節/MF文庫J)読了。

森田季節の新シリーズの登場…って他のシリーズはどうなったんだ?原点回帰ウォーカーズとか、まだまだこれからの作品だと思うのだが…。まあいいか。

タイトルの通り、恋愛こそは悪、という思想を持つ恋禁術師である見た目は美少女だが中身なかなり残念な桜木メルトに出会ってしまった主人公の金沢大和は、最愛の二宮七緒に告白出来ないという呪い(じゃなくて恋禁術)をかけられてしまうことから生じるどうにもならない日々。恋禁術と言うある意味設定勝ちなところがって、ラブコメと言うのは、”成就しないからこそ面白い”と言う大前提があり、この設定によって、告白しようと身悶えるもののすべて失敗する主人公と言う構図が出来上がるのだ。ある意味見事な設定と言える。

しかしまあ、恋愛、と言うかぶっちゃけ性行為を前提とした感情と言うのは人類を繁栄させるに当たっては必要不可欠なものなわけですよね。そうでないと人類は滅亡してしまうし。そのあたりの現実問題と恋禁術師がどのように折り合いをつけているのか興味深かったんだけど、今巻ではそのあたりが追求されなかったのが残念なところだった。現代宗教(みたいな物だろう。恋禁術って)は現世利益がないと繁栄しないから、そのあたりの理論武装が欲しかったけど、まあメルトはどう考えても深い事を考えているようなタイプじゃないしな…。杓子定規に教理を盲信している下っ端信者がいいところ。そのあたりの深い問答に応えられなくても仕方の無いところかも。その分、もう一人の恋禁術師には期待をしたかったけど…この人は主人公たちに関わる気があまりないのでこれまた僕の役に立たん!くそー気になるぜー。

ま、恋禁術と言うのはラブコメをむしろ加速させる役割を持ったガジェットであると捉えておけば、少なくとも作品を読む上では問題ないのだが。先ほども書いたが、ラブコメは成就しないからこそ面白く、また、抑圧された感情は解き放たれたときが強いのだ。と言うわけで、一風変わっているけどただのラブコメだよなこれ…。もちろんそれが悪いわけでは全然ないのだけど、森田季節分はやや少なめかも。まあ恋禁術の存在が非常に気が狂っているので、その点はらしいっちゃらしいんだけど、主人公たちのやりとりは非常にわかりやすいテンプレだもんな。それが良いというのも確かにあるけど。まあ登場キャラが総じて頭がおかしいのはさすがと言うべきか。美少女だけどアホの子の生徒会長とかある意味斬新だったわ。

恋禁術という性質上、終りの無いのが終りのゴールドエクスペリエンスレクイエム的なラブコメループを可能にする設定なので、続きはいくらでも続けられそうな気もする。ヒロインもいっぱいいるし、まだまだこれからだぜ。あと恋禁術が現代社会とどのように共存しているのかもすごく気になるので、続きが出る場合はそれもよろしくお願いしたい。まあ僕だけかもしれないが。

|

« 2009/10放送開始アニメ(ファーストインプレッション)その3 | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/46415054

この記事へのトラックバック一覧です: 『桜木メルトの恋禁術』読了:

« 2009/10放送開始アニメ(ファーストインプレッション)その3 | トップページ | 買ったもの »