« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

2009.09.03

『機動戦士ガンダムUC(9)(10)虹の彼方に(上)(下)』読了

51vynyktlcl__sl500_aa240_51ahbhhhqfl__sl500_aa240_

 

 

 

 

機動戦士ガンダムUC(9)(10)虹の彼方に(上)(下)』(福井晴敏/角川書店)読了。

ガンダムとは、ニュータイプとは、そして世界を揺るがすと言われるラプラスの箱の正体のすべてが明かされるガンダムUC完結編。いやー、本当にこの作品は厄い。最後の最後まで福井晴敏のオレガンダムサーガが迸っていた。”オレの”ガンダム、”オレの”ニュータイプ論を心行くまで語ってくれたと言う感じ。素晴らしいですね。まさに神話としてのガンダムを正々堂々と示してしまったと言う意味で、これはまったくガンダムだった。ガンダムとは人の思惟!人と人を繋げるものこそニュータイプ!そして進みすぎたニュータイプとオールドタイプの葛藤と対立。立ちふさがる荒涼たる暗黒の思惟。乗り越えられるニュータイプとオールドタイプの垣根。いやーすごいなー。まさに力作と言うか、ロボット物のジャンルを越えて、SFの領域に足をつっこんでいるよこれ。ガンダムってのはSFなんだよ!という作者の叫びが伝わってくるようだ。そうだよなー、言われてみれば、新人類と旧人類との泥沼の葛藤とか、いかにもSFチックな設定だもんなー。本当にSFだわ。それをストレートに主張してしまう作者には危ういと言うか厄さを感じないではいられないんだが、それを無視して突っ走るのが福井晴敏の真骨頂であるので、これはガンダム小説にしてまさに福井晴敏の作品と言うことができるだろう。いや、これは本当にこれは福井小説としても力作の一言だ。ニュータイプによる人類の革新の話題にまで話を飛躍させつつ、しかし、現実を生きていく人間たちの話にまとめたのは、どうなんだろう?物語を消化仕切れなかったのか。いやそうやって一つ一つ、地に足をつけて解決していくことは、真に分かり合うと言うことを言いたいのではないかなー、と思うのだった。

こうして世界は連邦とジオンのくびきから解き放たれ、その後の新しい時代に移り行く。そのきっかけとなる物語として、福井晴敏の伝奇作家としての手腕がまた唸る唸る。ガンダム史に刻まれる(捏造される)新たなる一ページがそこにはある。ネオジオンの最後を、ラプラスの箱の正体とともに、決着をつけてしまった力技には惚れ惚れとしますよ。本当に凄い捏造だよ。でもねー、この上での、その後、閃光のハサウェイに続いてしまうのだから、人間とは本当に救いがたい生き物だよね、と言う無常感に回収されてしまうところもまた作者の意図するところなんだろうなー。そうやって人間は過ちを繰り返し、それでも生きていかなければならないのだ、とか。

まあ、そんなカッコいいことを書いてみたけど、結局のところ「うひょーオレのガンダムが最高だぜー無敵だぜー」「オレの考えるニュータイプはこうあるべきだぜー」と主張しているだけと言う本当に厄い話なので、重度のガンオタの皆様は是非読んでみるといいんじゃないでしょうか。ガンダムに対する作者の暑苦しいまでの愛情が感じ取れて、楽しいですよ。ある意味。

|

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

コメント

どうでもいいですが吉四六さんは更新速いですね。一日に5、6回更新してるのは(コメント含む)一体何事かと。メールしてる気分です。
ガンダムの小説版、学校の図書館にあったのを思い出しました。読んどきゃよかったなぁ。
ガンダムの語源を最近やっと聞いたのですが、吉兆さんは知ってますか?知ってるなら知ってるで別に解答しろとかじゃありませんが。

投稿: シロ | 2009.09.04 00:13

いや、最近、風邪を引いていたので、更新をさぼり気味だったのですが、ようやく復活したのでテンションが上がっているだけすよ。すぐに更新頻度はさがるでしょう。たぶん。

>ガンダムの語源を最近やっと聞いたのですが

ガンダムの語源ですか?いえ、寡聞にして知りません。なんとなく富野監督のことだからしょうもないオチのような気がしますけど…(ザクザク歩くからザク、とか)。

ところでガンダム小説版の件ですが、富野御大の書かれた作品の場合、並大抵ではないエログロバイオレンスが迸っているので注意が必要です。ファーストガンダムのノベライズ(富野監督自身が書いたやつ)は若い少年少女にトラウマを与えまくった、と言う説も聞きます。まあエログロに耐性があるのであれば、とても面白いんですけどね。

投稿: 吉兆 | 2009.09.04 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/46108824

この記事へのトラックバック一覧です: 『機動戦士ガンダムUC(9)(10)虹の彼方に(上)(下)』読了:

» 機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム [機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム]
機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム」へ! [続きを読む]

受信: 2009.09.04 03:19

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »