« 『君が僕を どうして空は青いの?』読了 | トップページ | 買ったもの »

2009.09.16

『今日もオカリナを吹く予定はない』読了

51nbxp8obql__ss500_

今日もオカリナを吹く予定はない』(原田源五郎/ガガガ文庫)読了。

いわゆる学園異能に属するタイプの作品だと思うのだが、敵となるのは”死角”で、主人公たちの能力が”空気を読める”ことだというあたりが、その、なんと言うかアレだな。まあそれが何を意味しているのかはともかく、涼宮ハルヒ的な変人たちと一緒に仲良くエキセントリックな毎日を送る系の話にもなっている。うーん、個人的には日常系非日常をやるのだったらそれを徹底させて、わざわざバトル要素を入れる必要はないんじゃないかと思うのだが、ハルヒの後追いだとなかなか難しいか。これでバトルがなかったら本当にハルヒって感じだもんなあ。

もっともバトルと言っても、能力が”空気を読める”と言うあたりからがなかなかにクールだ。物語を冷静に見ているところがあって好ましい。バトルそのものも、あまりバトルバトルしていないし、”空気を読める”能力が絶妙なしょぼさをかもし出しているのも好感触。なんだかんだで主人公がオンリーワンの能力だったりするあたり、ある意味、学園異能の王道と言う感じなのだが、少なくとも現時点ではまったくプラスの方向にそれが役に立ってないあたりも素晴らしい。

このように要素要素はなかなかに王道と言う感じなのだが、その処理の仕方があまりにもクールすぎるところがこの作品の特筆すべきところなのであろうと思われる。なかなか苦労しそうな主人公の能力が絶妙に役に立たず、ピンチに陥るところはさすがだった。これ、毎回、発動条件が変わるのならば、次はどんなしょうもない展開になるのかというところでもけっこう引っ張れるよな。

しかしよくわからんのは最後のオチだよな…。井波は一体どこに行っていたんだぜ?残り数ページでどうケリをつけるのか心配になっちまったぜ。しかも、その理由が明かされないし…。これは明らかに次回作への布石だよなー。

|

« 『君が僕を どうして空は青いの?』読了 | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/46226592

この記事へのトラックバック一覧です: 『今日もオカリナを吹く予定はない』読了:

« 『君が僕を どうして空は青いの?』読了 | トップページ | 買ったもの »