« 『純潔ブルースプリング』読了 | トップページ | 買ったもの »

2009.09.29

なんとなくコミックギア関連の話題

http://home.att.ne.jp/wave/applepop/#200909-28_1

http://d.hatena.ne.jp/ruitakato/20090812

ちょっと前の話題になるが、コミックギアの製作体制について高遠るいが批判していた。自分は漫画家ではないので高遠るいの怒りの本質というのはピンと来ないのだが、おそらく高遠るいは「オレがおもしれえと言ったらおもしれえんじゃあ!」と言う信念の人なんだろうな。で、そういう信念の人が同じ職場でお互いの漫画に口出しするようになったら、罵倒批判の嵐でまともに製作なんて出来るはずもなかろうな。もし罵倒批判がなかったとしたら、お互いになあなあで済ませる仲良し空間が出来上がると。高遠るいが気持ち悪いと言っているのはそういう製作環境であるのだろう、と推測は出来る。

結局、作品の面白さなんてものは唯一絶対のものなんてものはなく、誰か一人の価値観がすべてを支配できるわけでもない。高遠るいが怒っているのは仲良し空間を形成することで、自分の”エゴ”剥き出しにした作品作りを排除してしまうことになるについてなのだろう。

まあ個人的見解としては面白ければ製作サイドの事情などどうでもいいとは思うのだが、正直、コミックギアはそんなに面白そうな感じがしないんだよな。大掛かりな同人誌みたい。それをわざわざ非難する高遠先生は本当に損な役回りをする人だなあと思った。ある意味人が良すぎるよね。

|

« 『純潔ブルースプリング』読了 | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/46344480

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなくコミックギア関連の話題:

« 『純潔ブルースプリング』読了 | トップページ | 買ったもの »