« 『ベン・トー(4) 花火ちらし寿司305円』読了 | トップページ | 『ヴァーティゴ』読了 »

2009.08.02

2009年上半期ライトノベルサイト杯

2009年上半期ライトノベルサイト杯に投票いたします。よろしくお願いいたします。

予想以上に新規作品が多くなった。やはりイメージ的には新規の方が印象が強くなるのかね。不思議。

【09上期ラノベ投票/新規/9784840127875】
『いつも心に剣を(2)』(十文字青/MF文庫J)
十文字青の新シリーズ。現在2冊まで出てます。この人、いくつもシリーズを抱えているので、既存部門とどっちにしようかと思ったけど、地味ながらとても好きなこの作品をプッシュいたします。今回は作中ではなんの変わらない人間同士が、人間と魔女に別れて対立し、善が人を虐げ、悪が人を助ける倒錯した不条理な世界で、身を寄せ合うようにしていき少年少女の数奇な運命を描く。主人公二人のキャラ描写も特異で、いわゆる”キャラ萌え”の出来る登場人物が一人もいないのがポイント。どの人物も鬱陶しくて不快な部分と、それと同じくらいに生きることに苦痛を覚えながら必死で生きている部分を併せ持っている。そこを受け入れられるかどうかもまた、この作品の評価を決めるポイントだろう。

【09上期ラノベ投票/新規/9784044743017】
『サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY』(河野裕/角川スニーカー文庫)
終始、叙情的で繊細な描写をしているのにやっていることはジョジョ。淡い恋と、不器用な生と、生きることの孤独を描いているのに、やっぱりジョジョ。なんだこりゃ…。乙一×荒木飛呂彦というやってはいけない悪魔合体をやってしまった作品という表現も出来るな。結果として極めて繊細かつケレンに満ち溢れた作品だった。主人公の歪み方がなかなかまるで乙一かと思わせておいて、能力の駆け引き、意外な結末などまるでジョジョ。変な話だなあ。
個人的にとても好きな新人として今期の一、ニを争う作品です。

【09上期ラノベ投票/新規/9784758040686】
『星図詠のリーナ』(川口士/一迅社文庫)
読む前はねえ、マッピングファンタジーとかまた編集部はヘンテコなキャッチコピーをつけるよなーと斜に構えて読んでいたんだけど、読んでみたら本当にマッピングファンタジーとしか言えない話だった。マッピング、という行為が物語の主題にがっちり組み合っているんだよな。キャラといい物語といい派手な部分はまったく無いのだが、良作という言葉のぴったりな作品。

【09上期ラノベ投票/新規/9784840127844】
『原点回帰ウォーカーズ(2)』(森田季節/MF文庫J)
不思議なというしかないセンスをした森田季節がキャラに特化したラノベを書いたらなんか得体の知れないものが出来てしまいました!キャラは立っている。確かに立っているんだが…立ち過ぎ!物語も相乗効果でよくわからんテンションに包まれている。

【09上期ラノベ投票/新規/9784757749320】
『耳刈ネルリと奪われた七人の花婿』(石川博品/ファミ通文庫)
オレ、これ好きー。主人公の一人称で語られている作品なんだけど、その一人称が嘘をついているという、非常に先鋭的な作品。読者は、主人公のエロとバカな発言の奥にある真摯な思いを汲み取る必要があるのだ。それを汲み取ると、物語は途端にシリアスかつ熱い物語に変貌するのである。本当だよ?

【09上期ラノベ投票/新規/9784048674676】
『プシュケの涙』(柴村仁/電撃文庫)
これはねえ…。冷たく理不尽な世界であったほんのわずかな希望が叩き潰されたところから物語が始まると言うところに凄みを感じた。希望がすでに失われた後に、その希望がどのようにして生まれたのかを語るなんて凶悪すぎる…。希望が無いことを嘆くなんてレベルの話じゃないぞ…。

【09上期ラノベ投票/新規/9784048678438】
『アクセル・ワールド02 紅の暴風姫』(川原礫/電撃文庫)
ソードアートオンラインと同時にシリーズが始まっているけど、個人的にはこっちが完成度は高いような気がするなー。いや、どっちも上手いし面白いんだけど。作者の最大の魅力は、バトル描写でもなく、キャラ萌えでもなく、人間の関係性の描写なんだと思うのだけど、こちらのシリーズは本当にその点が素晴らしい。デブでさえない主人公に、ヒロインが好意を持つ過程にきちんと納得の行く理由付けを行っているところも良い。きっかけは才能だけかもしれないけど、そこから構築していくものもあるのだ。

【09上期ラノベ投票/既存/9784048675307】
『悪魔のミカタ666(6)ノットB』(うえお久光/電撃文庫)
本当に悪魔のミカタという物語はどこに到達してしまうんだろうなあ。読者が予想する最終回予想を、どんどん上回っていく作者の覚悟には痺れる。ど、どこまで作者はハードルを上げていくんだ…?無印一巻の時点でこの展開を予想できた人は神(つまり不可能)。

【09上期ラノベ投票/既存/9784829133798】
『宝仙娘娘追宝録(11) 天を決する大団円(下)』(ろくごまるに/富士見ファンタジア文庫)
つ・い・に宝仙娘娘追宝録、完結!もうこれだけでなにも言うことが無い。あの混乱したクライマックスを本当に大団円に持っていく力技がすごい。敵も味方にも”悪人”がいなくて、それでも悲劇が止められないというやるせなさが良かった。そのやるせなさもきちんと回収されているところも見事だったな。終りもただ終りというわけではなく、これからの物語の広がりを感じさせられて、美しい。信者補正が入っているかもだけど、きちんと完結したので、多くの人に読んでもらいたい。

【09上期ラノベ投票/既存/9784488451066】
『秋期限定栗きんとん事件(下)』(米村穂信/創元推理文庫)
これもすごかった。夏の話で別れてしまった主人公二人が一年間をいかに過ごしたかが描かれる。本当にこいつらはタチが悪いよな。ただ、ひねくれた、社会に対して冷笑的な展開にならないかとひやひやしていたので、予想以上に前向きな終わり方にはほっとした。いや、ひどい目にあわされた人はいるんだけどね!でも、こういう社会に反抗するのでもなく、シニカルになるのでもなく、(主人公の特異性を受け入れた上で)自己を肯定出来る前向きさがとても良いなあ、と思うのだった。大抵のラノベだと、自分が逸脱していると思うと、すぐに社会を排除する方向に行くからな。その点、作者の誠実さが感じられるのがよかった。

|

« 『ベン・トー(4) 花火ちらし寿司305円』読了 | トップページ | 『ヴァーティゴ』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/45773642

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年上半期ライトノベルサイト杯:

« 『ベン・トー(4) 花火ちらし寿司305円』読了 | トップページ | 『ヴァーティゴ』読了 »