« 買ったもの | トップページ | ネット引きこもりからの脱却その二 »

2009.07.02

『ルウとよゐこの悪党稼業』読了

51ufitenal

ルウとよゐこの悪党稼業』(藤谷ある/HJ文庫)読了。

うん、面白かった…のだが、なんか奥歯に物が挟まったような曖昧な感じになってしまうぞ。いや、悪くない、悪くないねんで?一見、人の良いことだけが取り得の主人公の前に美少女が現れて、なんかしらんが特殊な能力を手に入れてバトルーみたいな学園異能コテコテの冒頭を始めておきながら、やっていることは美少女悪魔ルウの子供のいたずらレベルの悪事に巻き込まれて日常を騒がしく過ごしていく…ように見えて世界の命運をかけたバトルで締めるとか、なんかいろいろと二転三転していくところなど、無駄に凝っている。ルウと言うキャラ造型も、一見、いわゆる人外ロリババアキャラのように見えて、実は純真で女の子らしい(と言うか幼い)キャラだったり、いちいちラノベに慣れた読者の隙を突いているような展開は見事と言ってよいと思う。また、いちいち物語の手続きにこだわりがあるようで、世界の命運をかけたバトルの末、奇跡が起こってヒロインが助かったりするのだが、その奇跡にすら理屈をこねているところなど、奇跡を奇跡で済ませたくない、作者のこだわりを感じさせる。

とまあ、いろいろと褒めるべきところのある作品であることは間違いないのだが…なんと言うか、特筆してなにかを上げるべきところが無いというか、要するにぶっちゃけ地味だ。その地味さ加減も、じっくり噛めば味わいと言えなくも無いのだが、それだけで客を惹き付けるのはなかなか難しいのではないかと言う気がするのだった。まあストレートなラノベを望んでいる方は読んでみてもいいのではないでしょうか。(ラノベ的な意味で)予想を裏切り、期待を裏切らない作品と言える…かもしれません(弱気)。

|

« 買ったもの | トップページ | ネット引きこもりからの脱却その二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/45516699

この記事へのトラックバック一覧です: 『ルウとよゐこの悪党稼業』読了:

« 買ったもの | トップページ | ネット引きこもりからの脱却その二 »