« 時の流れ | トップページ | 買ったもの »

2009.06.23

『SH@PPLE(6)』読了

51sczox2bpcl

SH@PPLE(6)』(竹岡葉月/富士見ファンタジア文庫)読了。

男女入れ替りラブコメディも6巻目に来た。今回は蝶間林典子さんがメインになって活躍します。生粋のお嬢様でありながら、雪国に恋する彼女に婚約者がー、と言うわけで、かませヒロイン(ひどい言い草だ…)の晴れ舞台。本当は雪国が好きなのに、住む世界の違いから揺れ動く彼女だが…って完全にメインヒロインの役どころを食っちゃってますよ。本来、蜜がやるべきことなんじゃないのこれ?と思ったりもするけども、私も元気です(意味不明)。しかしややこしいのは、彼女が好きなのは雪国なのか、雪国の姿をした舞姫なのか、そのへんがさっぱりわからんのがこのラブコメのヘンテコなところよね。それは舞も同じ話なんですが、そのせいで、一応、雪国が主体になって動いているのだけど、本当にそれでいいのか、微妙な感じ…。正直、典子さんの気持ちの揺れ動き方はともかく、その決着の付け方がこれでいいのかはよくわからなかったな。自分に正直に、曲げずにってことなんだろうけど、雪国の動機がよくわからん。本当のことを捻じ曲げたままに何かを決めるのは幸せとは結びつかない、って解釈でいいのだろうか…。婚約者の処理の仕方も、もすごい力技でびっくりした。おじいちゃん…全部茶番かよ…。まあ最後はようやく物語も核心に迫りつつあるような展開なので、胡蝶の君については、これで終りかな…。なんとも報われない話だなあ。

|

« 時の流れ | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/45434758

この記事へのトラックバック一覧です: 『SH@PPLE(6)』読了:

» SH@PPLE6巻の感想レビュー(ライトノベル) [萌えレビュ!]
富士見ファンタジア文庫のラノベ、『SH@PPLE―しゃっぷる―』(竹岡葉月先生原作、よう太先生イラスト)の6巻が発売中です。 表紙は今巻の主役である胡... [続きを読む]

受信: 2009.06.24 20:53

« 時の流れ | トップページ | 買ったもの »