« 『その日彼は死なずにすむか?』読了 | トップページ | やべ、涙が止まらない »

2009.06.20

『やむなく覚醒!!邪神大沼』読了

61ueogxvol

やむなく覚醒!!邪神大沼』(川岸殴魚/ガガガ文庫)読了。

やべえ面白れえ。クソ笑える。いかがわしいマニュアル本くさい内容で、「あなたも簡単に邪神になれる!」的な内容をそのまんまやっているのが本当にアホらしい(当然だが褒めている)。ハッキリ言って、邪神マニュアルだけで相当笑えた。うさんくさいわボケー!そんおマニュアルのついでに(ついでかよ)邪神認定されてしまった大沼くんの邪神ライフが描かれているのだが、これも相当に頭がおかしい。勇者処たなかの歴史のくだりなんて、頭の配線が完全にどうかしていると思った。あと、登場人物紹介のところに参考文献が挙げられているのだが、「祝詞辞典」とか「ファウスト」とかそれっぽい感じの本を堂々と載せているあたりもすごいと思った。どこを参考にしているんだよ。えっと、ひょっとして住職さんの場面とかか。アホか。邪神大沼を奉ずる邪教集団…のような気もする老人会の方々も、無意味に活躍している辺りも心強い。ゲートボールは地獄のようなスポーツだぜーふははー。そんな感じで全編にツッコミを入れたくてしょうがなくなるタイプの素晴らしくトンチキ(褒め言葉)なお話です。これは良い意味で頭がおかしくて良い。

田中ロミオが褒めるのも納得できるタイプの話だったな。ギャグのセンスがわりと似通っている気がする。

|

« 『その日彼は死なずにすむか?』読了 | トップページ | やべ、涙が止まらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/45398298

この記事へのトラックバック一覧です: 『やむなく覚醒!!邪神大沼』読了:

« 『その日彼は死なずにすむか?』読了 | トップページ | やべ、涙が止まらない »