« 買ったもの | トップページ | 日々の雑記 »

2009.06.03

『ムゲンのセンカ(2)』読了

513up6rjihl

ムゲンのセンカ(2)』(六塚光/角川スニーカー文庫)読了。

いくつもの出来事が平行して起こり、それらが結びついていく展開がなかなか凝っていた。この作者はこのような舞台設定を詳細に設計させると上手いなーと思う。もっとも、キャラクターの掘り下げにはそれほど興味を持ってない作家であるとも思っているので、このように新キャラを投入されると途端に誰が誰だかわからなくなってしまうのだが、これは僕だけだろうか。とくにこのシリーズは、どうもキャラが”活きていない”印象を受けるのが難点。もともとこの作者はその傾向があるのだが、この作品ではとくに強く感じてしまったのは何故だろうか。おそらく、登場人物たちが何を背負っているのかよくわからないのが問題なのだと思う。それぞれの登場人物が、動機にして動いているのかわからないので、一人一人のイメージが非常に弱く感じてしまうのだ。要するにキャラが立っていない。今回はまあセンジュがわりと活躍している感じがあるし、彼女の抱えている事情の一端が語られるわけで、その点は良かったのだが、他のキャラは完全に脇役になってしまっており、新キャラも正直存在意義が良く分からない。んー、なんかなー…。もう一冊だけ読んで、とくに感じるところがなければ、続きは読まないかもしれない。

|

« 買ったもの | トップページ | 日々の雑記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/45224075

この記事へのトラックバック一覧です: 『ムゲンのセンカ(2)』読了:

« 買ったもの | トップページ | 日々の雑記 »