« 買ったもの | トップページ | 『あやかしがたり』読了 »

2009.05.25

『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』を観てきた

・土曜日は『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』を鑑賞してきたのだった。

・TVシリーズの記憶はすでに忘却の彼方に捨て去ってきたので(本気で内容を忘れてた。キャラの名前と顔がほとんど一致しなかった)、今回の”再構築”だかなんだかも気にせず観れた。

・こっぱずかしいボーイミーツガールでにやにやする映画として大変よく出来ていたのだが、物語のわけのわからなさも相当なものだった。いかん、物語の情報量に追いつけていない。というか、神話と現実をリンクさせるという発想の根本が理解できん。神話とはいったいなんの謂いだ…?

・どうも作中での定義がはっきりしなかったので自分なりに考えてみると、夢とか理想とか、あるいはもっと具体的な理想郷を意味するのかなあ、とか。みんなすんなりと理解しているのだろうか…。だとすると自分のオタクとしての劣化は甚だしいことになる…っ。まあオタクアイデンティティなどにたいした価値はないのでスルーすることにする。

・まあ、幾度か物語を反芻してなんとなくわかってきたのだが、イマージュと言うのは、人類を侵略する存在などは無くて、ただ己が自身を蝕む人間の業そのものなわけですよね(鏡と言う表現がどこかに出てた)。それを、お互いを大切に思う少年少女の恋と夢が、破滅に瀕した人類の業を止揚し、新しい世界を現出させたという話、だと読んだ。そこに、夢も未来も奪われた者たちが、いかにして絶望に抗うかと言う話や、神話の現出の語り部として生きることを選択した女性の話とか、いくつかのラインが、こっぱずかしいボーイミーツガールのラインを主軸としてまわっている感じがする。

・ようするに、なんか物語が並列している感じなんだよなー。そこんところが、面白いなと思った。

|

« 買ったもの | トップページ | 『あやかしがたり』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/45126686

この記事へのトラックバック一覧です: 『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』を観てきた:

« 買ったもの | トップページ | 『あやかしがたり』読了 »