« ニトロプラスの新作が発表されていた | トップページ | 買ったもの »

2009.05.06

『ねくろま∞。』読了

51epsntsmfl

ねくろま∞。』(平坂読/MF文庫J)読了。

ねくろま。シリーズ最終巻を読んだ。うーむ…正直、この方向性は未来が無いと思うので、これで終わらせて正解だったよな…。ひたすら過剰に過剰を重ねていく展開は、やっぱ無理が多すぎるわ。平坂読の方向性として、常に読者の期待を(斜め上か下に)裏切ると言うところがあるわけだけど、やっぱりそれには限界があるんだよな。ひたすら意外性を追求し、物語をエスカレートしていったとしても、どうしても読者に”慣れ”が生じてしまう。過剰に過剰を重ねても、すでに読者にとっては過剰さを感じ取れなくなってしまうんですよね。なんか、「ふーん」という感じ。裸に裸を乱舞させさらに裸塗れにしたところで、この状況、ぜんぜんエロティシズムの無い裸になんの意味があろうか。まあこの作者は、そういった物語の土台を無視して、ひたすら狂騒的に語ることによるパワーを描こうとしているのだろうけど、刺激物と言うのは、新しい刺激を与えてくれないとすぐに飽きてしまうと言うところあって。作者もマンネリを避けるためにいろいろネタの仕込みには工夫を凝らしていたけど、正直、小手先でやりくりしてる感が強かったかな。個人的には、ねくろま。シリーズは、すでにその意味で作品としての寿命を迎えていたと思う。なので、今回の番外編も、正直蛇足の感を否めなかったのだけど、まあ、世界の存亡をかけた戦いのせいで、ソリスたちメインキャラの物語には何一つ決着が着いていなかったので、その補完と言う意味では価値があったかもしれないな。もっとも、本編でネタを使いすぎたせいで、ソリスたちの物語として決着が付けられなかったとも言えるわけだが…。まあなんにしてもきちんと決着が付けられたことは、作品としては幸福だったのかもしれない。ともあれお疲れ様でした。

追記。今回は『人類が衰退しました』の妖精さんネタがあったなあ。他にも読み取れていないネタがありそうだ。そういうのを見つけるのも一つの楽しみなのかもね。

|

« ニトロプラスの新作が発表されていた | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/44922142

この記事へのトラックバック一覧です: 『ねくろま∞。』読了:

« ニトロプラスの新作が発表されていた | トップページ | 買ったもの »