« 日々の雑記 | トップページ | 買ったもの »

2009.05.22

『狗牙絶ちの劔(3)-刀と鞘の物語-』読了

51dly3rm4ml

狗牙絶ちの劔(3)-刀と鞘の物語-』(舞阪洸/富士見ファンタジア文庫)読了。

や、まあ、その…なんつったら良いのか…。話がちっともすすまねえぇぇぇぇッ!もうなんなの?いつまで犯人引っ張るの?クローズドサークルもので、ここまできたら犯人は完全に決まりでしょ?それでもまだ引っ張るの?こ、この作者…どこまで…。本当にこれだから趣味で小説を書いている人は困ったものですな(偏見)。結局、物語としては何一つ進んでいないだけど、いい加減、物語を会話で引き伸ばすのにも限界があるんじゃないかしら。まあこの作者の作風なのかもしれないけど、そろそろ物語の動かし方に疑問を感じてきたぜー。正直、イラつかね?他の人はどう思うのかわからないけど、さして複雑ではない物語を、妙に引き伸ばしている感じ。まあ、つまらないというわけではないんだけど、(ラブコメとしてはね?)、はっきり言って狗牙とか完全にどうでもよくなっているよね?なんかこの作品は完全に物語的に迷走していると思うなあ…。まあ読者参加型の企画物らしいから、そのせいもあるのかもしれないけどさ。もうちょっとなー、なんか欲しいよ。作者のこだわり抜いた居合い関係の薀蓄でもいいからさー。現状のヌルイ雰囲気もきらいじゃないけど(クローズドサークルで殺人事件も起こっているのに、この物語のヌルさはどういうことだ?)もうちょっと熱をね、欲しいよね。いや、これが作者の個性なのでどうしようもないと言う可能性もあるのだけど、僕は作者の作品をそれほど多くは読み込んでいないのでそこは判断が出来ないのだけど。あとは作者が悪意でやっている可能性もあるか…。わかってやっているならゆるせるんだけどなー。まあいいや。早く事件は解決させて欲しいよ。

|

« 日々の雑記 | トップページ | 買ったもの »

コメント

『サムライガード』と平行してこっちも読んでます。が、あっちの三巻があまりに酷かったので、こっちの三巻はとりあえず見合わせたんですが…正解(苦笑)?

うーん、そろそろこの二つは切るべきなのかなあ。そりゃ大して内容がないお話なのは一巻からわかってたことですが、最低限“物語”であることすら放棄するようならここまででしょうかね。

投稿: 暗黒 | 2009.05.26 22:43

まあ、物語に期待をするのではなく、単純にキャラに萌える作品として消費すればよいのではないでしょうか。もちろんそういう作品はこの世にいくらでもあるわけで、無理にこの作品に拘る必要性はありませんね。僕は剣術少女萌えなので、もうしばらく様子を見てみようと思います。

投稿: 吉兆 | 2009.05.26 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/45096466

この記事へのトラックバック一覧です: 『狗牙絶ちの劔(3)-刀と鞘の物語-』読了:

« 日々の雑記 | トップページ | 買ったもの »