« 年季の入ったエロゲーマーの自分だがエロゲー(ギャルゲー)がいまだにわからない | トップページ | 買ったもの »

2009.05.15

『電波女と青春男(2)』読了

51g2zlihfnl

電波女と青春男(2)』(入間人間/電撃文庫)読了。

なんか爽やかな青春ものになっている…。だ、だまされん。だまされんぞー。

と、疑いの気持ちを抑えられないまま読んだものの、やっぱり爽やかなお話なのでした。おかしいなー?しかし、二巻目にしてすでにタイトルに偽りありと申しますか、ぜんぜん電波女と青春男の物語になってないような気がするんですけど。まあ表の主人公格はたしかにこの二人で、さらにヒロイン2名もにぎやかしで登場し、なんだこりゃハーレムじゃねえか青春ポイントダダ上がりでありそもそもエリオとのやり取りだってお前青春ポイント以外なにものでもないじゃねえかこのやろう、と主人公の胸倉をつかみ上げたい気持ちでいっぱいなのだが、まあそれはそれとしてさておく。電波女というか布団女だったエリオが社会復帰めざしてがんばる話はまあ彼女の小動物的なアクションと奇矯な振る舞いからしてライトノベル的には萌えるんじゃないでしょうか(投げやり)。リューシさんは完全に主人公とのフラグが立っておりますし(青春ポイントにうるさいくせに鈍感なのよね主人公!)、変な女性である前川さんも言い感じに魔性の女っぽいし、主人公のまわりもにぎやかになってまいりましたが、しかし、今回はそれは本題ではない。表の物語で主人公たちが動いているところで、裏ではなにやら暗躍している人が。いろいろなことに関わって、なにがしたいんだがさっぱりわからない犯人の行動が、最終的にある一つの気持ちに収斂していく展開は、何と言うか奇妙なまでのカタルシスがあった。表の物語で謎だった部分が、解答編とも言える裏の物語で明らかになる展開を見るに、ああ、これは実は入間人間が本格的にミステリ挑戦した作品だったのだな、と感歎したのだった。ちゃんと伏線やヒントは表の物語にもちりばめられているので、”犯人”の動機や犯行方法もきちんと推理できるようになっているのはすごい。と言うか、今回の物語が全然、ミステリだとは思っていなかったので、裏の物語が始まった瞬間はびっくりしたよ!と言いたかったのであった。うーん、これはびっくりするほど爽やかなミステリ。ラストに犯人の動機が明らかになる展開なんて、美しさすら感じるよ。いやー正直これは高く評価したい。

どうでもいいけど自虐ネタには笑わせてもらいました。ネタにしてすいません。

|

« 年季の入ったエロゲーマーの自分だがエロゲー(ギャルゲー)がいまだにわからない | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/45014678

この記事へのトラックバック一覧です: 『電波女と青春男(2)』読了:

« 年季の入ったエロゲーマーの自分だがエロゲー(ギャルゲー)がいまだにわからない | トップページ | 買ったもの »