« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

2009.05.28

『にこは神様に○○される?(2)』読了

51rlwd5gfcl

にこは神様に○○される?(2)』(荒川工/ガガガ文庫)読了。

これで完結かよー。早いよー早すぎるよー(本が出るのは遅かったけど)。なんかもーありとあらゆる意味で勿体無い。”あいん”と”にこ”の成長も、それを見守る人々も、ありとあらゆる部分にまだまだこれからの物語が詰まっているよー。…まあきっとなんか事情があるんでしょうけどね。主に大人の。でも一読者としてぜんぜん納得できないぜー。にこがお父さんの出来事を飲み込むのに、一冊で終わらせてしまったのはいかにも性急であったとしか言えない。他にもいろいろ背負っている人物もいっぱいいるってのに(とくに教団の人たちの心理の推移は納得いかねえええええ)。まあ内容は相変わらず軽快かつリズミカルとさえ言える文体芸が冴え渡る逸品なんですが、その上に、さらに魅力的な物語の断片が垣間見える分、余計に勿体無い。ああ勿体無い。

いや、面白いんだけどね…。壁にぶつかる”にこ”の描写は普通に大変だし、それを乗り越える展開もきちんと手順を踏んで納得の展開。”あいん”とのやりとりも、お互いのどんどん距離が短くなっていくのが良く分かる描写もいいですね。明らかにされる”にこ”のお父さんの真実は、それだけかよ、みたいな印象もちょっと受けたりもしたのだけど(でも、ひどい話なんだけどね。惜しむらくはちょっと描写があっさりとしすぎているので感情が追いつかない…)。

ようするに、すごく面白かったがゆえに、もっとこの作品を読みたかったという意識が強いのです。2冊で終わってしまうことが惜しくなってしまうぐらい。ああ勿体無い(まだ言っている)。

|

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/45161661

この記事へのトラックバック一覧です: 『にこは神様に○○される?(2)』読了:

« 買ったもの | トップページ | 買ったもの »