« 『アスラクライン』読了 | トップページ | 『烙印の紋章Ⅲ竜の翼に天は翳ろう』読了 »

2009.04.09

最近のアニメ

新番組ファーストインプレッションその4。なんでこんなにアニメって放送しているんだ?改めて戦慄する日本の現在。

・「ティアーズ・トゥ・ティアラ」
アクアプラス原作ゲームをアニメ化。原作はシナリオが枕流なのでやっておきたいのだが、なかなか機会がないなー。アニメを観てしまうと余計に機会が遠のきそうだが…。それはおいておいて本編の方は、強烈がフックこそないものの堅実で丁寧なつくり方が伝わってきたので好印象。アルサルのものを初めとするアクションシーンは、おしなべて血と肉と重力を感じさせるものになっているのは地味にすごかったなー。アルサルが相手の剣の柄を受け止め、そのまま相手を担ぎ上げて敵に叩きつけるシーンは印象的だった。しかし、一話を見た限りだと主人公はアルサルにしか見えないんだが、真の主人公は魔王さまなんだよな?ラストにしか現れないってのは構成的にどうなんだ…。続きは見ます。

・「シャングリ・ラ」
原作は既読。最大の懸案事項としてモモコさんを初めとするニューハーフの方々がどう描写されるのか気になっていたのだが、予想を超える描写にオレ歓喜。まさか○○○○と○○○○とは!(一応まだ秘密みたいなので。でもどう聞いてもアーカードとヤザンだよな)いやー、モモコさんは本当に美しい…。あの深みのある声とあいまって、ジェンダーを超越した魅力におそろしく溢れている。うっとり…。もうこれだけでGONZOは神と認定してもよかろう。それはともかくとして、炭素経済の説明については、予想通りとはいえアニメだとわかりにくかったな。言葉で説明されてわかるものではもないし。主人公の立場もわかりにくくて、これ、政府の方が自然とともに生きようとしていて、メタルエイジの面子が急進的な自然推進派に抵抗していると言うのは普通とは違うところなので、もうちょっと強調してもよかったのではあるまいか。まあそのへんは観ているうちにわかってくるのかな。主人公の國子は、ブーメランにミスニカでえらくキャッチーなアクションをしていて、これはこれで魅力的。声の高橋美佳子もとても良かった。こんなに細かい演技が出来る人だったんだな…(超失礼)。個人的に「True Tears」信者としては、「ティアーズ・トゥ・ティアラ」に引き続いて石井真がわりあい重要な役で出演しているのが嬉しかった。この人の少年演技は絶品よの…(童貞ソウル的な意味で)。あとの問題はGONZOがこのクオリティを維持できるかどうかと言うところか…。こればかりは祈るしかあるまい。期待と不安をこめて継続視聴。

・「蒼天航路」
原作既読。まさかこれがアニメになる日が来るとは思わなかったなー。しかも、原作の荒唐無稽なテイストを損なわずにアニメ化が実現しようとは思わなかった。三国時代という日本からしてみれば古代といってよい時代背景なので、現代の倫理観では計れぬ要素をどこまで実現出来るのか心配だったのだが、しょっぱなから血しぶき首チョンパ惨殺オッケーとはマッドハウスはすげーなー。しかし、宮野真守の曹操はどうなるのだろう?ちょっと予測がつかないんだが…。まあ視聴は継続。

|

« 『アスラクライン』読了 | トップページ | 『烙印の紋章Ⅲ竜の翼に天は翳ろう』読了 »

コメント

やはりあっさり流してましたね炭素経済。まともにこれを説明すると1話まるまる使っても足りないような気がするので妥当な展開でしょうか。
炭素経済世界でイニシアチブをとるために、東京を放棄しアトラス建造を進めた政府の階級政治、弱者切り捨て政策に反対しているイメージでした。そして原作は森林も驚異のひとつとして描かれている点が興味深いと思いつつ。
個人的には吉田健一氏のデザインのクニコとモモコさんがぐりぐり動くところを是非見てみたかったです。

投稿: isaki. | 2009.04.11 22:04

まあアニメとしてはあまり重要視していないのかもしれませんねー。もっとも今後説明回がはさまれる可能性は否定できませんけど。

>原作は森林も驚異のひとつとして描かれている点が興味深いと思いつつ

これなんですけど、自分はどうも自然の猛威がどうこう、って言うのは印象にないんですよね。むしろそういった自然の摂理さえも人間の業が押しつぶしてしまうという奇妙な形での人間賛歌が印象に残っています。

投稿: 吉兆 | 2009.04.12 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/44615982

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のアニメ:

« 『アスラクライン』読了 | トップページ | 『烙印の紋章Ⅲ竜の翼に天は翳ろう』読了 »