« 買ったもの | トップページ | アニメのつぶやき »

2009.04.22

『アスラクライン(4)秘密の転校生のヒミツ』読了

51xfez1rh9l

アスラクライン(4)秘密の転校生のヒミツ』(三雲岳斗/電撃文庫)読了。

天才少女アニアの登場の回にして、アスラクラインの真の意味が明らかにされるの巻。さぁー三雲岳斗が本気を出して来ましたよー。これまで明らかにされていなかった設定が、アスラクライン(魔神相克者)、加賀篝隆也の登場によって物語に結びついてくる。今までなんだかんだでコメディアクションだったこのシリーズに、ついにその残酷なる世界が表出してくるわけだ。悪魔との契約とは、佐伯兄が智春と奏を危険視していた意味が、操緒をべリアルドールから解放しようと願う智春の葛藤と結びついていく展開は圧巻と行っていい。緊迫した展開の中クライマックスのバトルは迫力があった。重力を操る黑鐵の真の力が時間に関係するものだとわかるバトルは、作者にしては珍しい(?)ハッタリズムに溢れていて好ましかった。

加賀篝はある意味、智春のダークフォースに落ちた姿とも言えるわけで、何故、彼がこのような他者を傷つける手段をとってしまったのか、と言うところに大きな陥穽がある。彼を絶望に追いやった出来事が待ち受けている事を、智春は未だ知らない。知らない彼は、歪んだ加賀篝に怒り、拒絶するが、彼が真実に巡り会ったとき、どのような選択を行うのか未だこの時点では不明なのだった。

このシリーズは、この巻あたりで新しい側面を見せてきたように思う。掘っても掘っても底の見えない深い世界の謎があり、その断片がようやく読者に開陳されてきたとでもいうような。そんな可能性を見せ付けてくれる作品だった。

それにしても、加賀篝は別に集めるのは下着じゃなくても良かったんじゃないかなー…と言う疑問がどうしても晴れない。普通に衣服でもよかったんじゃ…。

|

« 買ったもの | トップページ | アニメのつぶやき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/44755330

この記事へのトラックバック一覧です: 『アスラクライン(4)秘密の転校生のヒミツ』読了:

» アスラクライン [youtubeをアニメモ!]
アスラクライン 強烈なクセの持ち主である美女・美少女たちに囲まれた受難の主人公智春の、 波瀾に満ちたハイスクールパンク。(ウィキペディアより引用) アスラクラインをyoutubeで観る 予約受付中 アスラクライン 1 [DVD]初回限定版 OP「Spiral」 作詞 - atsuko、作曲 - atsuko・KATSU、編曲 - KATSU、歌 - angela ED「Link」 声優さんのyoutube 押してくれたらシア... [続きを読む]

受信: 2009.05.16 14:05

« 買ったもの | トップページ | アニメのつぶやき »