« バイオメガ完結 | トップページ | 本屋で目隠しして最初に手に取った本を買うというのはどうか »

2009.03.25

買ったもの

1.『WORKING(6)』 高津カリノ スクウェア・エニックス
2.『ユーベルブラット(9)』 塩野干支郎次 スクウェア・エニックス
3.『死相学探偵(2) 四隅の魔』 三津田信三 角川ホラー文庫
4.『アンデッド 憑霊教室』 福澤徹三 角川ホラー文庫
5.『臓物大展覧会』 小林泰三 角川ホラー文庫

ユーベルブラットの9巻は、冒頭にて主人公最大の怨敵、グレンの殺害に成功してしまった主人公の行方は、というところ。読めん…正直、ここからの展開は読めん…。可能性1、グレンが闇の力で復活してラスボス。可能性2、7英雄の生き残りが大活躍してラスボス。可能性3、主人公が世直しに目覚めて帝国を救済して終り(主人公は死ぬ)。咄嗟に思いつくのはこれくらいかな。まあ全然関係ない別キャラが登場してラスボスと言う可能性もあるが…。

|

« バイオメガ完結 | トップページ | 本屋で目隠しして最初に手に取った本を買うというのはどうか »

コメント

自分もユーベルブラッドの最後はグレンとの決着と思っていたので、この先の展開は読めませんねー。それだけワクワクしたりするんですが。
最近あまり前面に出てこない“闇の力”は気になりますね。
どちらにせよケインツェルのハッピーエンドは想像しがたく思っています。目的を達する度に襲う葛藤、仮に目的を全て達したケインツェルの心に何が残り、またいったい何が眼に映るのか、興味深く最後まで追っていこうと思います。

投稿: isaki. | 2009.03.28 10:58

ケインツェルの行く末はどうなるんでしょうねー。一言で言えば復讐に燃えるダークヒーローなんですが、グレンを殺したことで復讐にひと段落ついてしまった彼がどんな選択をしていくのか、なかなかに興味深いです。ハッピーエンドは…いや、まだ可能性はあるんじゃないかなー?ピーピもいるし(しかし本名はなんなんだろう…)エルサリアも存在感を強めてきたし、彼女たち次第ではケインツェルの心の闇を解放することが出来るかもしれません。まあ主人公が生き残るかどうかは別の話ですが。

投稿: 吉兆 | 2009.03.28 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/44465471

この記事へのトラックバック一覧です: 買ったもの:

« バイオメガ完結 | トップページ | 本屋で目隠しして最初に手に取った本を買うというのはどうか »