« 『とある飛空士への恋歌』読了 | トップページ | 『さくらファミリア!(3)』読了 »

2009.03.01

『えむえむっ!(7)』読了

51pjxxkvmel

えむえむっ!(7)』(松野秋鳴/MF文庫J)読了。

前巻では、微妙に話が動いてきたような気がする、と書いたが単に気のせいだったらしい…と最後のページを読むまで思ってた。ラストの物語の動かし方は、それまでは本当にいつも通りの展開であったがゆえの油断があって、不覚にも驚かされてしまった。まさか太郎を中心とした三角関係(家族は除く)がここまではっきりと打ち出されるとは。いや、よく考えてみれば(よく考えなくても)意外でもなんでもないのだが、それまでがあまりにもいつも通りのえむえむっぷりであったので予想できなかった。嵐子も美緒も、どちらの気持ちも積み上げを十分に行っているので、この展開そのものは納得。先に踏み込むのは嵐子というところもきちんと考えられているなー。太郎への気持ちを未だ無自覚なままであった美緒に、今回のことではっきりと自覚させることが目的かな。次の巻は、美緒側のターンとなるので、どのような反応をしてくるのか、期待。本格的に修羅場に入るのか、あるいはギャグ方向に振るのか、ちょっと見えないかなー。

バレンタインデーをめぐる戦争は、今回は北斗の拳ネタかーと思いつつ、それなりに楽しい。まあ太郎の性癖とかいろいろなものがサムいというか上滑っているのだが、その上滑り感を楽しむ作品でもあるので、クダクダぶり自体はいっそ望むところだと言えよう。今後もどんどんグデグデにしてやってください。

|

« 『とある飛空士への恋歌』読了 | トップページ | 『さくらファミリア!(3)』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/44216361

この記事へのトラックバック一覧です: 『えむえむっ!(7)』読了:

« 『とある飛空士への恋歌』読了 | トップページ | 『さくらファミリア!(3)』読了 »