« 買ったもの | トップページ | 『とある魔術の禁書目録(2)』読了 »

2009.03.09

『とらドラ10!』読了

51obaa5yogl

とらドラ10!』(竹宮ゆゆこ/電撃文庫)読了。

とらドラもついに完結。竜児と大河の恋愛関係の成就で物語が終わらず、変わっていくものを変わっていくものとして受け入れて、世界と融和していく展開にただ痺れた。竜児と大河がたんに大恋愛の末、すべてを捨てていくという物語は、美しいかもしれないけど、何も解決していないものだ。これは、二人のルーツ、すなわち孤独を見つめなおす物語であり、二人が孤独を乗り越える物語でもあるわけだ。ここに至って、物語は完全に視点が竜児のものとなっており、彼がどのようにして孤独を乗り越えるのかが描かれているのだが、その分、大河の物語としてはやや未解決な部分が残っているように思うのだが(大河父との決着は、いつの日かつけなくてはならないだろう)、それでも大河もまた、自らの孤独の由縁を受け入れ、克服する物語となっていると思う。ただ、やはりあまりにも多くの素晴らしい物語的なモチーフが込められた作品だけに、この最終巻に至っても、語りつくせぬものがあるように思う。それは実乃梨の、亜美の気持ちなども、解決しきれていないところはあるのが勿体無い。だが、それは仕方のないことではないかとも思うのだ。彼らは、ようやく多くの物、つまり世界を受け入れることが出来、そして新しく歩み始めたのであって、これから一緒に解決していく問題なのだから。彼らは一人ではない。北村も、友人たちも、泰子も、大河母も、多くの人たちと共有していくもの。だれかを愛することと言うのは、受け入れることであり、竜児と大河はもはや孤独はない。孤独であったことを許すことが出来たのだろう。彼らの人生に幸あれかし。そう祈りたくなる終幕でした。

…今回投げっぱなしになってしまった、実乃梨とか亜美の件は、今後のスピンオフでフォローがあることを期待しています。

(追記)
読み返してみたらかなり意味不明な感想になっているので追記。とにかくものすごく面白かった。ラブコメで閉じるのではなく、全員になんらかの決着をつけて、大団円を迎えさせえたのがすごいよなー。亜美の家で、竜児がめっさくさいことを言ってて、実乃梨と亜美が微妙な反応をしたのに、あー…とか思った。どこまで自覚ねえんだよ竜児…。まあ人はそう簡単に変われるもんじゃねえか。能登が報われる時が来るのか、とか、いろいろ気になるところも多々あるなあ。まあそれも語られぬが花かな…と一瞬思ったけど、やっぱりそんなことはないのでどっかでフォローしてください。

|

« 買ったもの | トップページ | 『とある魔術の禁書目録(2)』読了 »

コメント

周囲から切り取られた主人公の男女2人さえ
抱き合えればそれでよし、としないところに
感心しました。家族にきちんとしたケリをつ
けてからでなければ、「機能不全家族の問題
題」「少年少女の発達心理学的問題」は次世
代に引き継がれ続けてしまう、というところ
にまで眼が届いていましたね。
(そして、機能不全家族に育ち、発達上の問
題を抱えてきた者同士だからこそ、竜児、大
河は唯一無二の二人なわけですが)

もちろん、大河と竜児がつかえが取れて将来
を誓い合うまでになったのにも素直に目頭が
熱くなりました。。・゚・(ノД`)・゚・。

投稿: 超時空漁船 | 2009.03.12 02:47

竜児と大河のみに物語が収斂していかなかったのは、作者の意識の高さの現れですね。自分さえよければいい、と言う若者が陥りがちな視野狭窄な状況に、待ったをかけられると言うのは、作者のモラルでしょう。なにより、捨てるのは簡単だけど、修復するのはものすごく難しいと言うこともきちんと描いていますよね。やっちゃんが実家に帰ることが出来たのは、実に18年がかかりました。竜児と大河はお互いの気持ちを通じ合うことが出来ましたけど、大河の問題だっていろいろ残っている。それを受け止めて、先に進むことが出来たこの作品は、とても素晴らしいものではないかと思います。

>、「機能不全家族の問題
題」「少年少女の発達心理学的問題」は次世
代に引き継がれ続けてしまう、

不幸の螺旋と言うことですね。どこかで連鎖する不幸を断ち切らなければならなかった。それを気がつき、決断できたのだから、竜児は本当にたいしたものですね。もっとも大河のおかげでもありますけど。

投稿: 吉兆 | 2009.03.12 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/44291483

この記事へのトラックバック一覧です: 『とらドラ10!』読了:

» [感想][ライトノベル][評価B][電撃文庫]とらドラ10!(竹宮ゆゆこ)読了 [主にライトノベルを読むよ^0^/]
とらドラ〈10!〉 (電撃文庫)posted with amazlet at 09.03.12竹宮 ゆゆこ アスキーメディアワークス 売り上げランキング: 5おすすめ度の平均: 虎と竜の物語 愛と幸せの物語 消化不良 情で動いて何が悪い! 分かり合える奇跡Amazon.co.jp で詳細を見る とらドラ!シリーズ最... [続きを読む]

受信: 2009.03.12 15:35

« 買ったもの | トップページ | 『とある魔術の禁書目録(2)』読了 »