« 雑記のようなもの | トップページ | 雑記のようなもの »

2009.02.19

『ロウきゅーぶ!』読了

51yqmrvcc2l

ロウきゅーぶ!』(蒼山サグ/電撃文庫)読了。

明らかに読者を釣ろうとする表紙に騙されて手に取った人はびっくりするだろうなあ。登場ヒロインこそ小学生女子であったりと非常に先鋭的だが、その中身は本当にスポコン。バスケ選手として期待されていた主人公が高校入学とともに味わった挫折。その挫折から、小学生女子(しつこい)をひょんなことからバスケコーチをすることになった主人公が、その指導を通して再生していく、と言うなんか言葉にするといまどき恥ずかしくなってしまうほどにベッタベタな展開だった。だが、古い中身を新しい袋に、の言ではないが、あまりにも露骨なパッケージ(まあ表紙イラストを見て御覧なさい)や、「少女はスポコン!コーチはロリコン!」という神でも降臨したのかと思わせるコピーなどに、このあまりにも古典的なスポコンを、なんとかしてライトノベルとして売り出そうという編集者の執念のようなものを感じ取れるのが興味深かった。問題なのは、作者は普通にスポコンをやりたかったのか、あるいは小学生女子(うるせえよ)を出したかったのかがよくわからないところなのだが…。まあどっちもかもしれねえな。ロリを出してギャル絵をはっつけておけばなんでもラノベになるんだと考えれば、ライトノベルというジャンルの面白さが感じ取れて味わい深い…ような気がしないでもない。まあスポコンとして普通に面白いのでこれはありじゃね?もっとも智花(メインヒロイン)以外のキャラと名前が最後までちゃんと覚えられなかったけど…。いわゆるラノベ的にキャラを作ってないってことなのかもなー(言い訳ではない)

|

« 雑記のようなもの | トップページ | 雑記のようなもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/44114837

この記事へのトラックバック一覧です: 『ロウきゅーぶ!』読了:

« 雑記のようなもの | トップページ | 雑記のようなもの »