« 『ベン・トー 国産うなぎ弁当300円』読了 | トップページ | 雑記のようなもの »

2009.02.04

『蒼穹のカルマ1』読了

51osbdmo6hl

蒼穹のカルマ1』(橘公司/富士見ファンタジア文庫)読了。

すごいなー何と言う一発ネタ。1巻とか書かれているけど、本当に続ける気があるの?と思わず余計な心配をしてしまいたくなるほどに一発ネタ。確かに、表紙、あらすじ、帯のコピーのすべてを裏切る物語には正直ひっくりかえると言うか、唖然としてしまうのだが、その裏切られ具合がいっそ清々しい。よくもここまでひっくり返せるなー。感心してしまった。一度感心させられてしまっては否定することなど出来るはずもなく、面白いなーと思いつつ読んだ。みための架空戦記ものっぽいところから始まり、異世界の勇者、神の試練などにジャンルが推移して、最後に授業参観に行き着く流れはすごいなー。ただ、カルマのやることは大概にしてひどくて、異世界ファンタジーも神の試練も問題を投げっぱなしにしてしまっているところが非常に問題だと思ったのだが、一応最後にフォローしていたので安心した。

|

« 『ベン・トー 国産うなぎ弁当300円』読了 | トップページ | 雑記のようなもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/43957366

この記事へのトラックバック一覧です: 『蒼穹のカルマ1』読了:

« 『ベン・トー 国産うなぎ弁当300円』読了 | トップページ | 雑記のようなもの »