« 意外な共通項 | トップページ | 買ったもの »

2009.02.10

『鬼切り夜鳥子(5)禍☆星に願いを』読了

51ya2jm5hil

鬼切り夜鳥子(5)禍☆星に願いを』(桝田省治/ファミ通文庫)読了。

鬼切り夜鳥子の完結編。収めるべきものをすべて収めて綺麗に終わっている。すくなくとも自分の気がつく範囲の伏線はすべて回収していたように思うので、その点は見事だった。あいかわらず過剰なまでのサービス精神旺盛で、エログロアクション満載で大変良いのではないかな。まあ過剰すぎて小説として品が無いと言う言い方も出来てしまうが…。まあ、そもそも作品の方向性がそういうものなんだから文句をつける筋合いでもないか。

ただ、ちょっと良く分からなかったのが、駒子(と言うか夜鳥子)の体内に童子切りが眠っているという設定は、どこかで伏線を張ってあったっけ?唐突に設定が追加されており、やや呆然としてしまった。まあ童子切りといやあ要するに鬼切りなわけだからすげー強力な武器だと言うのはわかるのだが、なんでそんなもんが体内に…。ひょっとしてこれは過去からのものではなく、続編があったときの伏線なのか?よくわからんわー。良く分からんといえば、前巻で絶体絶命のピンチと思われた夜鳥子がまったくのノー説明で復活したことにはさすがにびっくりした。そ、そんな簡単なものなの?血縁であればオッケーってことは、実はかなり範囲広くないか?桂木の家って数百年クラスの歴史があるみたいだし…。

あと、三ツ橋のキャラ格が無敵すぎ。なんかこいつ最強じゃねえか?あらゆる状況で最良の選択肢をはじき出し、実行に移す行動力。キャラで言えば夜鳥子すら上回るパワーだ。なんかもー彼女のパワー強すぎて久遠と駒子の主人公カップルが目立たねえ…。物語を強烈に牽引するキャラクターになっていてすごいなー。

|

« 意外な共通項 | トップページ | 買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/44020120

この記事へのトラックバック一覧です: 『鬼切り夜鳥子(5)禍☆星に願いを』読了:

« 意外な共通項 | トップページ | 買ったもの »