« 買ったもの | トップページ | 『新興宗教オモイデ教外伝(3)~夜考物語 壊真の火~』読了 »

2009.02.02

『カラミティナイト-オルタナティブ-』読了

51y1lfhk72bl

カラミティナイト-オルタナティブ-』(高瀬彼方/GA文庫)読了。

ハルキ文庫版から待ち続けてたシリーズの仕切りなおしの第一作。うーむ、ひびき玲音も悪いわけではないが、旧版の西村博之も好きだったのだがなあ…。設定も変更されているので、あちらの続編はもう無理か。残念だ。

主人公の智美、優子、ホリィと、主人公の人間関係が完全に女性のみに変更されたこともあり、すっかり百合伝奇小説の様相を呈してきた。以前の話だと、ホリィの役割だった忍がキャラ的に完全に死んでいたからな…。智美と優子の関係性ばかりがクローズアップされていた印象があるので、いっそ女性の方が関係性に組み込みやすいというような気もする。ホリィは旧作とは違った役回りをしてくれる可能性は高くなりそうなので期待。いっそのこと百合的な三角関係にしちまえー。

智美のインターネット関連の話は相変わらず大変なものですな(けど、この程度で炎上ってのはいまどき無いんじゃないかと思わないでもない)。ネットの負の側面が戯画的ではあるが描かれており痛々しい。とはいえ、自分も年を取ったせいか昔ほど身に染みる感じはなくなった。インターネットって殺伐とした場所でもあるという理解が自分の中で出来ているせいかも。幸いにして自分は殺伐とした状況に陥ったことはないけど、はてな村まわりを眺めていると、いがみ合い、炎上、戦争、なんでもござれだもんなー。僕がココログに引きこもっている理由だぜ。

むしろ、雪村教諭のクズっぷりの方が理解できてしまうなー。こいつ、本当にクズ。駄目な方向にクズ。良い方向のクズと言うのは言語矛盾のような気もするが、まだしも同情の余地のあるクズと言うのは存在するが、こいつはまったく同情の余地の無いクズだからなー。自分だけが可哀想だと思ってやがるからなあ…。自分は可哀想だから、他人はそれを配慮すべき、なんてことを本気で考えているところがマジでクズ。さらに問題なのは、その思想を実行してしまっているところなんだよな…。テラうぜー。ストーカーより性質わりーぜ。その突き抜けたクズっぷりに、自分の暗黒面を突きつけられるようですごくイヤな感じになります。まー確かにつらいときって誰かのせいにしたくなることあるよねー…っていう。実行に移すかどうかが問題なんだけど、ネットだとわりかしそういう人を見かけることがあるので、完全なフィクションと思うわけにも行かないよなー、と思った。

”騎士”の活躍と悲劇は次回に持ち越しかー。そんなに分量が増えた気はしないんだけど…。なんかぼられているような気がしないでもない。

|

« 買ったもの | トップページ | 『新興宗教オモイデ教外伝(3)~夜考物語 壊真の火~』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/43915107

この記事へのトラックバック一覧です: 『カラミティナイト-オルタナティブ-』読了:

« 買ったもの | トップページ | 『新興宗教オモイデ教外伝(3)~夜考物語 壊真の火~』読了 »